Lenovo【比較表】ThinkPad-Eシリーズの違いと特徴まとめ

ノートPC(ThinkPad・ThinkBook・ideapad)

(この記事は2020年9月14日に更新されています。)

 

将軍
将軍

この記事ではLenovoから発売されている『ThinkPadのEシリーズ』について紹介しています。

 

Lenovoから発売されているThinkPadには、6つのシリーズがあります。

 

6つもあるんだ

将軍
将軍

ThinkPadのEシリーズは『コストパフォーマンスに優れた』シリーズです

 

予算5万円で汚れに強く、頑丈なノートパソコンが欲しい方はEシリーズがとてもおすすめです。

Eシリーズを見てみる

ThinkPadは全シリーズで、どんなところでも使用できるように過酷なテストが行われています。

 

どんなテストかというと極端な話ですが、

アメリカ軍が砂漠や北極でも使えるか?

というMILテストが行われています。

 

将軍
将軍

さらに、万が一の故障の時は、日本メーカーである『NEC』が修理をしてくれます。

それは安心できるね

しかしThinkPadのEシリーズはコストパフォーマンスに優れる反面、重さや本体の厚さなどでデメリットもあります。

実際にどのくらい重さが違うかなどを、違うシリーズとも比較してみましたので紹介したいともいます。

 

他のシリーズも気になる方はこちら↓からどうぞ。

カテゴリーTOP|ThinkPad『6つのシリーズ』の違いや特徴

 

でも、種類が多くてどれを選んだらいいかわからない。

将軍
将軍

なら、下に条件を入力してみよう。あなたに合った機種が見つかるぞ!

ブランド
こだわらない
ThinkPad
IdeaPad
LEGION
ThinkBook
画面サイズ
こだわらない
12.5インチ
13.3インチ
14インチ
15.6インチ
17.3インチ
17.6インチ
重さ
こだわらない
〜1kg
1kg〜1.5kg
1.5kg〜2kg
2kg〜
バッテリー駆動時間
こだわらない
5時間以上
10時間以上
15時間以上
20時間以上
LTE
発売年

レノボ ThinkPad Eシリーズの違いと特徴を比較

ThinkPad Eシリーズの一番の特徴はやはりその『安さ』です。

数あるシリーズの中でコストパフォーマンスが一番高いシリーズです。

値段が安いからといって性能が低いというわけではなく、カスタマイズ次第ではかなり高いスペックにすることもできます。

 

しかしEシリーズは上位機種と比べるとデメリットもあります。

  1. 重い
  2. 厚い
  3. 4K液晶は選択できない
  4. WWAN非対応

というデメリットがあります。

 

あまりパソコンを持ち運ばない方(家の中で自由に移動しながら使いたい人)などにはとてもおすすめのシリーズです。

将軍
将軍

このページの比較表に重さとサイズも詳しく載せてありますので参考にしてみてください。

 

ThinkPad Eシリーズは以下のような方に最適です。

  • 家庭内や会社内で使う人
  • 主にネット閲覧やSNSをする人
  • ネットや動画を見たい人

打ちやすいと評判の高いThinkPadのキーボード。

そのキーボードが全機種に採用されています。

型番について

将軍
将軍

LenovoのThinkPadはシリーズの中にもたくさんのバリエーションがあります。

以前に使用した人はわかると思いますが、製品名の読み方を紹介したいと思います。

製品名の読み方
1桁目 シリーズ名 例)E→Eシリーズ
2桁目 画面サイズ 4→14インチ,5→15.6インチなど
3桁目 バージョン 大きい数ほど新しい
4桁目 CPUの種類 0→インテル製,5→AMD製

 

のようになっています。

4桁目のCPUの種類は【0】がインテル製(i5やi7)、【5】がAMD製です。

 

Eシリーズの重さやサイズを他のシリーズと比較

Eシリーズのデメリットとして紹介した「重さ・サイズ」はどれくらい違うのか気になりますよね。

将軍
将軍

というわけで他のシリーズと比較してみました。

やったー♪

 

今回比較してみたのは、XシリーズのX1-Carbon(2019)という機種です。

 

 

将軍
将軍

この機種の特徴は下のようになっています。

  1. 持ち運びにとても優れた『Xシリーズ』の人気No1。
  2. カーボン素材でとても軽い
  3. 価格は約17万円~

 

ThinkPadの中で特に軽く、コンパクトな『X1-Carbon』とEシリーズはどれくらい違うのでしょうか。

X1-Carbonは画面サイズが14インチですので、Eシリーズからは同じ画面サイズの『E14』で比較したいと思います。

表にまとめてみました。

 

  E14 X1-Carbon
重さ 1.73kg 1.09kg 0.64kg
横幅 325㎜ 323㎜ 2㎜
奥行 232㎜ 217㎜ 15㎜
高さ 17.9㎜ 14.95㎜ 2.95㎜

表からわかるように、同じ14インチのThinkPadでも持ち運びする人から人気の高いX1-Carbonとコストパフォーマンスに優れた『E14』では重さが約0.64kg違うということになります。

ペットボトル1本分くらいだね!

この差を大きいと感じるか、小さいと感じるかは持ち運ぶ頻度によって大きく変わってきます。

 

持ち運ぶことが少ない方や、少しの移動だけの人はEシリーズだと安く抑えることができます。

 

選べる画面サイズは?

 E14E490E15E590E585
参考価格ーーー58,320円ーーー62,208円52,920円
写真
画面サイズ14.0型14.0型15.6型15.6型15.6型
CPU第10世代(i5,i7選択可)i3(i5,i7選択可)第10世代(i5,i7選択可)i3(i5,i7選択可)AMD Ryzen 3(5選択可)
メモリ
(最大)
最大16GB4GB
(32GB)
最大16GB4GB
(32GB)
4GB
(32GB)
内部ストレージ
(最大)
SSD 128GB
(HDD 2TB/SSD 512GB)
SSD 128GB
(HDD 2TB/SSD 512GB)
SSD 128GB
(HDD 2TB/SSD 512GB)
SSD 128GB
(HDD 2TB/SSD 512GB)
SSD 128GB
(HDD 1TB/SSD 512GB)
本体寸法32.5×23.2×1.7(cm)32.9×24.2×2.1(cm)36.8×24.5×1.8(cm)36.9×25.2×1.9(cm)36.9×25.2×1.9(cm)
本体重量約1.73kg約1.75kg約1.9kg約2.1kg約2.1kg
使用可能時間約12.6時間約10.9時間約12.6時間約10.4時間約8.6時間
発売日2019/11/122019/1/222019/11.122019/1/222018/6/15
(スマートフォンの方は比較表を右にスライドできます。)

ThinkPad Eシリーズを購入するにあたって最初に画面サイズを選択する必要があります。

選べる画面サイズ

  1. 14.0型
  2. 15.6型

の2通りになります。

 

画面サイズ
14インチ E14、E490、E480、E470
15.6インチ E15、E595、E590、E585、E580

 

14.0型は標準的な画面サイズで、大きい画面で作業したい方は15.6型をおすすめします。

 

画面が大きくなるとそれだけ本体重量も重くなりますので注意が必要です。

将軍
将軍

バッテリーでの使用可能時間はそれほど変わりはありません。

 

14インチの『E490』の詳しい解説はこちらで紹介しています。

【参考記事】ThinkPad-E490 サイズ・重さおすすめカスタマイズを紹介

 

15.6インチの大きい画面の『E590・E595』はこちらで紹介しています。

【参考記事】ThinkPad-E590、E595 サイズ・重さ・おすすめカスタマイズを紹介

見た目はシンプル

ThinkPadシリーズに共通しますがつや消しブラックでスタイリッシュなデザインです。

ThinkPad Yogaシリーズのように画面を立てて使うことはできません

 

画面は180度まで開くことができます。

thinkpad【Eシリーズ】の購入方法

Thinkpadの購入方法は主に4つあります。

  1. Lenovoカスタムショップで購入
  2. Lenovo直販サイトで購入
  3. 楽天やAmazonで購入
  4. 家電量販店で購入

レノボカスタムショップで購入する場合

Lenovoカスタムショップは全国に28か所あるLenovo直販店になります。

実際にThinkPadを見て選べるのがメリットです。

しかしThinkPadは基本的に受注生産になりますのでカスタムショップで購入してもその日に持ち帰るということはできません。

なのであくまでもメリットは実際にパソコンを見ることができるということになります。

お得なネットクーポンなどは使用することはできません。

近くのカスタムショップを探す

最安値は『レノボ直販サイト』

私のおすすめは『レノボ直販サイト』です。

メリットは安くThinkPadを購入できるお得なクーポンを使用できる事です。

このクーポンを使用することにより、Amazonや楽天などよりも安く購入することができます。

クーポンの種類もいくつかあり、週末やボーナス時期に割引率の高いクーポンが出る傾向があります。

メルマガに登録しておくと限定のクーポンが送られてくるので、前もって登録しておくといいと思います。

メルマガは公式サイトから登録することができます。

【公式】メルマガの登録

楽天やAmazonで購入

楽天やAmazonでは大量生産されたThinkPadを購入することができます。

メモリやCPUは変更できませんが、発送が早いというメリットがあります。

受注生産では通常約2~3週間到着までかかりますが、楽天やAmazonで注文すると遅くても1週間以内で手にすることができます。

直販 ノートパソコン:Lenovo ThinkPad E490 Core i5-8265U搭載モデル(14.0型 FHD/8GBメモリー/256GB SSD/Windows10/Officeなし)【送料無料】

家電量販店で購入

家電量販店でも在庫があればThinkPadを購入することができます。

しかし取り扱っている種類が少ない場合や、そもそも取り扱っていない店舗もあるので家電量販店で購入することはあまりおすすめしません。

メモリやCPUなどのカスタマイズもできません。

 

ThinkPad Eシリーズのカスタマイズ

カスタマイズはこちらの画面からすることができます。

将軍
将軍

料金のシミュレーションも可能です。

カスタマイズ・シュミレーションはこちら

シミュレーション

プロセッサー

【E480・E490・E580・E595】

Intel Core i3-8145U Processor (4MB Cache, up to 3.90GHz)

カスタマイズ可能 

  • Intel Core i5-8265U Processor 
  • Intel Core i5-8265U Processor 
  • Intel Core i7-8565U Processor  

【E585】

AMD Ryzen 3 2200U APU (2.50GHz, 4MB)

カスタマイズ可能

  • AMD Ryzen 5 2500U APU (2.00GHz, 4MB)
  • AMD Ryzen 7 2700U APU (2.20GHz, 4MB)
初期導入OS Windows 10 Home 64bit
Microsoft ソフトウェア

無し

カスタマイズ可能

  • Microsoft Office Personal Consumer 2016 Japanese
  • Microsoft Office Personal 2016 Japanese
  • Microsoft Office Home and Business Consumer 2016 Japanese
  • Microsoft Office Home and Business 2016 Japanese
  • Microsoft Office Personal 2019 (個人向け) - 日本語
  • Microsoft Office Personal 2019 (法人向け) - 日本語
  • Microsoft Office Home and Business 2019 (個人向け) - 日本語
  • Microsoft Office Home and Business 2019 (法人向け) - 日本語
メモリー

4GB DDR4 2400MHz SoDIMM

カスタマイズ可能

  • 8GB(4+4) DDR4 2400MHz SoDIMM
  • 8GB PC4-19200 DDR4 SODIMM
  • 16GB PC4-19200 DDR4 SODIMM (8GBx2)
  • 16GB PC4-19200 DDR4 SODIMM
  • 32GB PC4-19200 DDR4 SODIMM (16GBx2)
HDD

Dummy Hard Disk Drive

カスタマイズ可能

  • 500GB Hard Drive, 7200RPM, 2.5", 7mm
  • 1TB Hard Drive, 5400RPM, 2.5", 7mm
SSD

128GB Solid State Drive, M.2 2242, PCIe-NVMe, TLC

カスタマイズ可能

  • なし
  • 256GB Solid State Drive,M.2 2280, Opal,TLC
  • 256GB Solid State Drive,M.2 2242, NVMe,TLC(E585は選択不可)
  • 512GB Solid State Drive, M.2 2242, PCIe-NVMe, TLC
ディスプレイ

HD (1366x768 220nit)光沢なし、マルチタッチ非対応

カスタマイズ可能

  • FHD液晶 (1920 x 1080 IPS 250nit) 光沢なし

グラフィックス

内蔵グラフィックス

カスタマイズ可能

  • AMD Radeon RX 550X 2GB GDDR5 128bits
電源アダプター

45W ACアダプター - ブラック - 日本 (USB Type-C)

カスタマイズ可能

  • 65W ACアダプター - ブラック - 日本 (USB Type-C)

ワイヤレス

LANアダプター

IEEE 802.11 ac/a/b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠), Bluetooth

カスタマイズ可能

  • インテル Wireless-AC 9260 (2x2) + Bluetooth

カテゴリーTOP|ThinkPad『6つのシリーズ』の違いや特徴

E490とE590(E585)のテンキーの違い

※E590とE585はCPUの違いで画面サイズ、本体寸法、本体重量、キーボードは同じです。

E490とE590(E585)のキーボードの違い

E490

E590・E585

『E590/E585』は右側に数字を打つためのテンキーが付いています。

保証について

保証は1年間の標準保証が付いています。

メーカーへの送料・梱包代は負担になります。
 

ThinkPad-Eシリーズ まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ThinkPad-Eシリーズは『予算5万円で、汚れに強く頑丈なノートパソコン』が欲しい方におすすめな理由をわかっていただけたと思います。

 

あまり持ち運ばない方や、家の中で移動して使いたいという方にはピッタリですね。

 

本体サイズが安く買える分、メモリやCPUのスペックを上げて快適に作業するのもおすすめです。

 

他のThinkPadシリーズはこちらになります。

コメント

  1. […] 2019年【比較表】レノボThinkPad-Eシリーズの違いと特徴まとめThinkpad Eシリーズと他のシリーズの違い。Eシリーズの機種の違いを比較表を使ってわかりやすく説明しています。27kamimen. […]

  2. […] 詳しいEシリーズの違いと特徴 […]

  3. […] 2019年【比較表】レノボThinkPad-Eシリーズの違いと特徴まとめThinkpad Eシリーズと他のシリーズの違い。Eシリーズの機種の違いを比較表を使ってわかりやすく説明しています。27kamimen. […]

  4. […] 2019年【比較表】レノボThinkPad-Eシリーズの違いと特徴まとめThinkpad Eシリーズと他のシリーズの違い。Eシリーズの機種の違いを比較表を使ってわかりやすく説明しています。27kamimen. […]

  5. […] […]

  6. […] 2019年Lenovo【比較表】ThinkPad-Eシリーズの違いと特徴まとめThinkpad Eシリーズと他のシリーズの違い。Eシリーズの機種の違いを比較表を使ってわかりやすく説明しています。27kamimen.com […]

  7. […] Eシリーズの特徴は「Lenovo【比較表】ThinkPad-Eシリーズの違いと特徴まとめ」をどうぞ。 […]

  8. […] Lenovo【比較表】ThinkPad-Eシリーズの違いと特徴まとめThinkPad-Eシリーズの違いや特徴をまとめました。ほかのシリーズとどれくらい重さが違うかなど比較してみました。27kamimen.com2020.04.26 […]

  9. […] Lenovo【比較表】ThinkPad-Eシリーズの違いと特徴まとめThinkPad-Eシリーズの違いや特徴をまとめました。ほかのシリーズとどれくらい重さが違うかなど比較してみました。27kamimen.com2020.04.26 […]

  10. […] Lenovo【比較表】ThinkPad-Eシリーズの違いと特徴まとめThinkPad-Eシリーズの違いや特徴をまとめました。ほかのシリーズとどれくらい重さが違うかなど比較してみました。27kamimen.com2020.04.26 […]

  11. […] Lenovo【比較表】ThinkPad-Eシリーズの違いと特徴まとめThinkPad-Eシリーズの違いや特徴をまとめました。ほかのシリーズとどれくらい重さが違うかなど比較してみました。27kamimen.com2020.09.14 […]