懸垂の回数は増やすな!挫折の原因はそれだ!!

筋トレ

「懸垂は回数よりも負荷を」

それをあなたに伝えたることが、この記事の目的である。

 

懸垂をしていると、立ちふさがる成長の壁がある。

その壁をあなたの気持ちを使って、越えていく方法を紹介したいと思う。

 

この方法は新しい器具を買う必要もなく、家にあるもので代用できるのでぜひチャレンジしてみてほしい。

懸垂の回数は8回がベスト!できるようになったら負荷を大きく!

懸垂の回数は8回がベストだ。

8回×3セットが、一番効率いい。

 

数ヶ月行えば8回は、普通にできるようになる。

そうしたら負荷を大きくする。

 

回数を多くするのではなく、負荷を大きくするのである。

回数を多くするのは大きいデメリットがあるので、おすすめしない。

 

それでは懸垂の負荷を大きくする方法を、説明したいと思う。

懸垂の負荷を簡単に上げる方法

懸垂の負荷を大きくするのは、簡単だ。

重りを追加するのである。

 

そこで最初に思いつくのが、ディッピングベルトだ。

ベルトにチェーンが付いていて、そこに重りをつける。

 

しかしディッピングベルトは、なんだか格好わるい。

ゴツいし、スマートではない。

それにわざわざ買う必要がある。

部屋にものが増えるのも、嫌だ。

 

 

そこでおすすめなのが「リュック」である。

 

ピンと来たひともいると思うが、やり方を説明する。

 

  1. リュックに重りを入れる
  2. そのリュックを背負って懸垂をする
  3. 8回できるようになったら、重りを追加する

 

このローテンションで行っていく。

わざわざディッピングベルトなどを買わなくても、家にあるリュックで簡単に負荷をかけれるのでおすすめである。

 

続きでは負荷を大きくしていくことの、メリットを紹介しようと思う。

回数ではなく、負荷を大きくするメリット

懸垂が8回できるようになったら、今度は10回にしよう。

そして10回できたら12回にしよう。

 

これは挫折してしまう方法だ。

 

こうやって回数を多くしていくと、ほとんどの人がある日途中でやめてしまう。

 

理由は回数が多くなると、懸垂をしている時間が長くなるからだ。

長い時間やっているので、当然「もう無理だ!」と思う頻度が増える。

挫折を繰り返すとモチベーションが下がるので、続かない。

 

逆に負荷を重くしていくと、多くのメリットが有る。

  1. 懸垂をしている時間が増えない
  2. 成長がしっかりわかる
  3. 重さを変えるのが手間

 

とくに大きいメリットが3だ。

リュックに入れている重りを変えるのは簡単だが、筋トレ中にするのは結構めんどくさい。

 

というか、ほとんどの人が

「もう無理だ!5回目から負荷を軽くしよう」

とは、思わないはずだ。

 

理由はめんどくさいから。

 

回数を増やす方法でやっていると「今日は10回でいいや」と途中でやめてしまう場合もある。

 

しかし負荷を高くしていると、

「重りを変えるのはめんどくさいから、このままで行こう」

と、結果的に最初に決めたとおりに懸垂を行うようになる。

 

ちなみに懸垂の回数は8回がおすすめである。

8回以下だと筋肉にかかる負荷が少ない。

逆に8回以上だと多すぎて、途中でやめてしまうリスクがある。

 

なので8回を3セットに分けて行なうことがおすすめ。

【まとめ】懸垂の回数について

今回は懸垂の回数について、紹介してみた。

これから懸垂できれいな背中を作りたい方は、試してみてほしい。

 

ちなみに負荷を上げると、背中よりも前腕筋(握力)が先に疲れてしまう。

そうすると背中に十分な負荷をかけることができない。

 

そのため懸垂をするときに握力がほとんど必要ないパワーグリップは必需品である。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

筋トレ
ひろをフォローする

コメント