筋トレを1年継続!見た目とメンタルが3割増しに!

筋肉痛がないと、次の日悲しくなる。

どうもこんにちは。このブログを書いているhiroです。

 

突然ですが、あなたはプールや海に行って、恥ずかしい思いをしたことはありませんか?

お腹は脂肪がたくさんついた、ブヨブヨの塊。

腕には筋肉が無く、足も細い。

 

 2つの写真を比べて想像してみてください。

あなたは、同じ30歳でもどちらの人生を生きたいですか?

 明らかに2枚目ほうが、良い人生を送れる気がしませんか?

 筋トレをすると、身体だけではなく心も安定します。

 メンタルも同時に鍛えられ、悩みがとても少なくなります。

 

 しかし筋トレを始めても、継続できない方が多いのも事実。

 なんと1年間筋トレを続けられるという方は全体の0.3パーセントしかいないというデータもあります。

 歳を超えると1年に1パーセントずつ筋力が下がっていきます。

 医療の進化で寿命は長くなっていますが、人生の後半ほとんどを寝たきりで過ごしたいですか?

 さあ!これを機会に筋トレを始めてみませんか?

筋トレ 1年続けると見た目がガラッと変わる

 初めはきつく感じる筋トレですが、1年間続けると見た目がガラッと変えることができます。

筋トレを始めて、約1年もすると目に見えて変化が現れます。

とくに今まで運動をしていない初心者ほど、筋トレの効果が出るのが早く、より楽しんで続けることができます。

さらに見た目の変化だけでなく、筋量や筋肉量は確実に増えていきます。

持ち上げられなかった重量を持ち上げられたり、違うか所に負荷をかけて筋トレすることで、記録を伸ばしたりと、なにより楽しんで筋トレをすることが大切です。

筋トレの注意点

楽しんで筋トレをしていると、つい限界に挑戦したくなります。

しかし、初心者のうちは確実にできる重量でフォームを気にして筋トレをするようにしましょう。

重量だけに意識が行ってしまうと、フォームが崩れがちに。

筋トレはフォームが大切

 筋トレはフォームがとても大切です。

 初心者のかたで重量に意識がいってしまい、フォームが崩れてしまうということがよくあることです。

 重量よりも何よりも、フォームがとても大切です。

 フォームさえしっかりしていれば、ケガもなく効率的に筋肉をつけることができますよ。

無理をするとケガの原因に

 真面目な方ほど追い込みすぎて、オーバートレーニングになってしまう危険性があります。

 オーバートレーニングは限界を超えてトレーニングをしてしまうことですが、自分で気づきにくいという特徴があります。

 疲れが取れにくかったり、体がだるいというのが長く続く場合、オーバートレーニングになっている可能性が。

 そのような時は、一週間程度体を休めることが大切です。

 無理をして体を壊すより、ゆっくり長く継続していく方が大切です。

まとめ

 筋トレは1日しても何も変わらず、継続がとても大切です。 

 ぜひ皆さんも筋トレの習慣をつけて、健康な体を作ってみませんか?

筋トレを習慣化するテクニックは、「やる気が出ない!筋トレのやる気が出ないときに使える心理学」に、まとめてありますのでぜひ参考にしてみてください。

 

コメント