スポンサーリンク

やる気が出ない!筋トレのやる気が出ないときに使える心理学

筋トレ
  • 筋トレを継続するコツは?
  • やる気が出ないときはどうすればいいの?

こんな疑問を解決します。

 

筋トレのやる気が出ない。

どんなに筋肉が好きな方でも、たまにやる気が出ないこともあります。

でもやらなかったらやらなかったで、後から後悔するもの。

 

そんな時に、皆さんどうしていますか。

「気合が足りないから!」

などと、考えていませんか?

 

筋トレのやる気が出ないということは、

将軍
将軍

筋トレをするか、しないかで迷っていますよね?

「つまり、習慣化できていない」

と、いう事なのです。

 

なので今回は筋トレを習慣化できる、コツについて紹介したいと思います。

この記事を参考にすると、心理学で証明されている方法で上手に筋トレが習慣化することができますよ。

記事の内容
  • 筋トレを習慣化するテクニック
  • テクニックの使い方

スポンサーリンク

筋トレのやる気が出ない→習慣化で問題解決

習慣化するのは難しい

なんて思っていませんか?

私は意志力が弱いから習慣作りなんて無理…。

そんな思い込みしていませんか?

 

習慣化するに必要なのは意志力ではなく「テクニック」です。

 

もう悩む必要はありません。

今からでも習慣化するテクニックさえわかれば、簡単に習慣化できるので是非皆さん試してみてください。

テクニック①「スモールステップ」

一つ目に紹介するのが、「スモールステップ」です。

スモールステップとは

最初から高い目標を掲げるのではなく、目標を細分化し、小さな目標を達成する体験を積み重ねながら、最終目標に近づいていくこと。

goo辞書より参照

皆さんは筋トレのやる気が出ないでないとき、

  • 筋トレはキツイ
  • 時間がかかるし、めんどくさい
  • 今日は仕事がきつくて、疲れているしな

などと、考えていませんか?

 

そんな時にとても良いテクニックが「スモールステップ」です。

 筋トレ=がっつり1時間トレーニング

と、考えずに

 筋トレ=「とりあえずダンベルを1回持ち上げる」

と、考えるのです。

 

将軍
将軍

1時間の筋トレはきつくても、ダンベルを1回持ち上げるくらいなら苦労せずにできますよね?

すると不思議なことに、

もう1回するか!

せっかく筋トレを始めたんだしな

などと、気分が上がることがほとんどです。

 

筋トレを習慣化するではなく、ダンベルを1回持ち上げるという習慣を作ることで、筋トレを上手に習慣化することができます。

テクニック②「If then プランニング」

次に「If then プランニング」というテクニックを紹介したいと思います。

If then プランニングは習慣化する上で、最強のテクニックです。

 

その方法は簡単で、

「Aが起きたら、Bをする」

「Aのような状況になったら、Bをする」

というように、習慣化したい行動のタイミングをあらかじめ決めておくテクニック。

If then プランニングの効果はとても高く、 習慣化するにはこれだけでもいいと言われるテクニックです。

 

筋トレ行う上でも「If then プランニング」で、簡単に習慣化することができます。

「スモールステップ」×「If then プランニング」

ここまで2つのテクニックを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

なぜこの2つ紹介したのかと言うと、2つを掛け合わせて使用することによりとても簡単に筋トレを習慣化できるからです。

 

『腕立て伏せを毎日30回やる』

 

こう決めては、1か月後にはやっていない可能性が高いです。

1度やらなくなると、『もういいや』と考えてしまい継続するのは難しくなります。

 

そこで紹介した「スモールステップ」と「If then プランニング」を使って、

家に帰ったら、腕立て伏せ1回する

を、習慣にするようにします。

どうですか?

毎日家に帰ったら腕立て伏せ1回なら、続けられる気がしませんか?

さらにスモールステップの効果により、1回の腕立て伏せをすると

「もう10回やってみようかな」

「今日は30回やろう」

などと、モチベーションが上がり結局は続けてしまうと言う結果になります。

スポンサーリンク

筋トレの効果

筋トレを続けていると、良い効果がたくさんあります。

  • ストレスが減る
  • 睡眠の質が上がる
  • 姿勢がよくなる
  • 太りにくくなる
  • スタイルのいい体系になる
  • メンタルが強くなる

など、多くのメリットがあります。

 

体力は20歳を過ぎると、ゆるやかに衰えていきます。

さらに40歳を過ぎると、目に見えて減少が。

しかしこの体力の減少は日ごろの運動習慣で大きく個人差が出るものです。

ぜひ今回紹介した

  • 「スモールステップ」
  • 「If then プランニング」

を、上手に使って筋トレを習慣化してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

ここまで、筋トレを習慣化するテクニックについて紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

筋トレすることで、健康寿命を延ばすことができます。

健康寿命については「【健康寿命と平均寿命】生活習慣病の予防はまず健康診断から」で詳しく紹介しています。

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

筋トレ
ひろをフォローする
将軍ブログ

コメント

  1. […] 筋トレを習慣化するテクニックは、「やる気が出ない!筋トレのやる気が出ないときに使える心理学」に、まとめてありますのでぜひ参考にしてみてください。 […]