長く使うなら、ノートパソコンは重さ(軽さ)で選ぶな!理由はこちら!

パソコン
     
   

ノートパソコンの重さって、どれくらいがいいのな?やっぱり軽いほど良いの?

こんな疑問、ありませんか?

結論ですが、ノートパソコンを買うときに重さ(軽さ)ばかり気にしていると、

  • 性能が低く、動作がカクカク
  • 同じ性能でも値段が+30000円

などの機種を、選んでしまう可能性があります。

ノートパソコンの重さは画面によって違いますが、おおよそ1300g前後。

それ以上軽いパソコンは、

  • パーツを省略して、軽くしている
  • 高価な素材を使って、軽くしている

の、どちらかである場合がほとんど。

普通に使う人にはあまりおすすめできない機種もありますので、詳しく紹介していきたいと思います。

この記事の内容

  • ノートパソコンは1300g前後を目安に買おう
  • 軽すぎるパソコンのデメリット
  • おすすめのノートパソコン

この記事を参考にすることで、パソコンを買ったあとに後悔することがなくなります。

ぜひ最後まで、読んでみてください。

それでは、紹介していきたいと思います!

ノートパソコンは1〜2kgが多い

ここ数年以内に発売されているノートパソコンの8割以上が、1から2キログラムの間になっています。

これは国産メーカーだけではなく、外国のメーカーでも同じような重さ!

パソコンはメーカーが違っても、同じ部品が使われていることもあります。

そのため各メーカーで、重さにそれほどの違いはありません。

ただし、『世界一!最軽量』などのノートパソコンがありますよね。

びっくりするほどの軽さですが、軽さを求めるあまりのデメリットもあります。

とても重要なポイントです!

軽さを求めると、他のことがどうしても犠牲になってしまうので、その理由を続きで紹介していきたいと思います。

ノートパソコンは重さを基準に選んでいけない理由

ノートパソコンは、同じメーカーでも各機種により重さはバラバラ。

どうしてそのような違いがあるのか、詳しく紹介して行きたいと思います。

パソコンの『重さ』が変わる原因

画面サイズ

画面サイズは大きくなるほど、ディスプレイが大きく重くなります。

ノートパソコンは開いたときの片方が、すべて画面になっていますよね。

その画面が大きくなれば、重くなって当然!

作業しやすい14インチ以上のノートパソコンは、どうしても重くなってしまいます。

スペック

パソコンの性能(スペック)も高くなるほど、本体の重さが重くなります。

なぜなら高性能のパーツは大きかったり、冷却機能が必要だからです。

そのためノートパソコンよりもデスクトップ型のパソコンの方が性能が高く、本体が大きいですよね。

この理由からも、重さだけでパソコンを選んでしまうと、性能の低いものを買ってしまい後悔する事がわかると思います。

インターフェイス

インターフェイスとは、ノートパソコンと外部機器をつなぐモノです。

具体的には、

  • USB
  • HDMI
  • イヤホン

などが、インターフェースになります。

インターフェイスも、多ければいろいろな機器を繋げたりします。

しかし、その分パーツの数も増えてしまい重くなる形に。

そのため重さ(軽さ)を重視したノートパソコンは、インターフェースが少なくあまり外部機器を接続することができません。

バッテリー

ノートパソコンには、必ずバッテリーが付いています。

バッテリーが高性能なほど、長時間電源に接続しなくても作業することができ便利です。

しかしバッテリーも長時間使えるタイプになるほど、重く大きくなる傾向があります。

昔と比べて、だいぶ高性能にはなっているけどね!

そのため外で作業することが多くバッテリーがなくなって困ると言う方は、多少重くてもバッテリー性能の高いノートパソコンを選ばなければなりません。

おすすめのノートパソコン

私のおすすめするメーカーは、2つあります。

それは、

  • NEC(国産メーカー)
  • Lenovo(海外メーカー)

です。

それぞれの特徴と、おすすめする理由を紹介していきたいと思います。

NEC

『国産のノートパソコンが欲しい』そんな方には、NECがおすすめです。

NECは日本を代表するパソコンメーカー。

とくに初めてノートパソコンを買うという方は、サポートが充実していておすすめです。

『LAVIEアプリナビ』などを使えば、ひとつひとつの作業を1から説明してくれます。

ただし値段も高い傾向がありますので、ネットで使い方を調べられるという方は下の『lenovo(レノボ)』がおすすめです。

lenovo

私のおすすめするlenovo(レノボ)は、海外メーカーです。

しかし、実は日本国内で作られている『LENOVO製のパソコン』があるのをご存知でしょうか?

実は上で紹介したNECというメーカーは、2011年にLENOVOグループに加わっています。

そのためLENOVOの一部のノートパソコンは、国内のNECの工場で生産されています。

またLENOVO製品が万が一故障したときは、国内にある工場で修理が行われます。

そのため海外メーカーではありますが、国産メーカーに近い品質と安心感が。

さらに海外メーカーは値段が安いという特徴がありますので、できるだけ安く抑えたいという方にはLENOVOはおすすめです。

LENOVO製品のおすすめは、『ThinkPadおすすめ人気ランキング6選』で紹介していますのでぜひ参考に支店見てください。

【まとめ】ノートパソコンの重さについて

今回はノートパソコンの重さについて紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

ノートパソコンを選ぶときは『重さ(軽さ)』ばかりを気にしていると、

  • 作業しづらい
  • 値段が高すぎる

などの機種を選んでしまいがちです。

軽いノートパソコンは、

  • 構成パーツを減らして軽くしている
  • 高価な軽い素材を使っている

という2つのパターンが多いので、注意が必要です。

大きさは画面サイズなどで変わってきますので、迷う方は『ThinkPadおすすめ人気ランキング6選』を参考にしてみてください。

ここまで読んでいただきありがというございました。

     

コメント