みんなに伝えたい『ノートパソコンメーカー』の違い!

パソコン
     
   

ノートパソコンメーカーの、違いって何?できることって、変わるの?

こんな疑問、ありませんか?

結論ですが、どのメーカーを選んでもできる作業内容は同じです。

理由はメーカーが違っても、ソフトは共通だからです。

ただしサポートや品質、さらには納期などの違いなどはありますので、詳しく紹介していきたいと思います。

この記事の内容

  • メーカーが違っても、できることは同じ
  • メーカーの違い

今回の記事を最後まで読むことで、安くノートパソコンを購入することができるようになります。

それでは紹介していきたいと思います!

【ノートパソコン】メーカーが違っても、できることは同じ

最初に結論ですがノートパソコンのメーカーが変わっても、できる作業に違いはありません。

なぜならソフトを入れれば、どんな作業でもノートパソコンはできるからです。

あなたのスマホには、『LINE(ライン)』などのアプリが入っていますよね?

〇〇メーカーのスマホでは、『LINE(ライン)』が使えないということはないですよね?

このようにノートパソコンは外側の機械部分であって、できる作業は入れるソフトにより追加することができます。

悩み
悩み

じゃー、メーカーの違いは何?

と、疑問になると思いますので、続きで詳しく紹介していきたいと思います。

ノートパソコンの3メーカーの違い

ノートパソコンには、大きく3つのメーカーがあります。

それは、

  • 国産メーカー
  • 海外メーカー
  • 専門メーカー

です。

それぞれ特徴や違いがあり、メリット・デメリットがあります。

そこでまずはこの3つのメーカーの違いについて、簡単に紹介していきたいと思います。

国産メーカー

国産メーカーとは、日本国内にあるメーカーが作ったノートパソコンです。

代表的なメーカーは、

  • NEC
  • 東芝
  • FUJITSU(富士通)
  • DynaBook(東芝、シャープ)
  • Panasonic

などが、あります。

メリットとしては、なんといっても『安心感』があります。

海外メーカー

海外メーカーで有名なのは、

  • Lenovo(レノボ)
  • HP(ヒューレット・パッカード)
  • DELL(デル)
  • Microsoft(マイクロソフト)

などですよね。

実は日本でよく見るこれらの海外メーカーは世界的なパソコンメーカーで、Lenovoは世界販売台数1位のメーカーです。

海外メーカーはなんだか心配という方も多いと思いますが、規模としては日本メーカーの比ではありません。

またLenovoは日本のNECを参加に収めているメーカーで、一部機種の生産や修理は日本の工場で行っています。

そのため万が一の故障のときでも、他の海外メーカーよりも早く対応してくれます。

このように海外メーカーでもさまざまな特徴があり、『なんだか心配』というマイナスイメージを持っていると損をしてしまう場合も。

Lenovoはは私も使っていますが、買うときに安い!世界一の企業で安心感もあり、結構おすすめです。

どの機種を選んだら良いのかわからないという方は、『ThinkPadおすすめ人気ランキング6選)』もぜひ参考にしてみてください。

ただし機種によっては、納期に時間がかかる場合もあるので詳しくは『Lenovo【あるある】ThinkPad納期が遅いのには理由がある(米沢製含み)』を参考にしてみてください。

専門メーカー

ノートパソコンには、

  • mouse(マウス)
  • Dospara

などの専門メーカーが、あります。

大手メーカーほど種類は多くありませんが、ネットなどで簡単に買うことができます。

この専門メーカーについては、こちらで詳しく比較していますので参考にしてみてください。

国産メーカーと海外メーカーの違い

国産メーカー=サポート・機能重視

国産メーカーのメリットを一言で言えば、『安心感』です。

  • 日本品質
  • サポートが丁寧

など、漠然といいイメージを持っている方が多いと思います。

私も同意見!

さらに機種を選ぶときも、簡単です。

  • いくつかのラインナップが用意されている
  • 家電量販店でも多く用意されている

など、やはり海外メーカーにはない安心感があります。

海外メーカー=値段重視

海外メーカーは、値段重視です。

  • 大企業のため、大量生産できる
  • 細かくスペックを選べるので、不要なものにお金をかけなくてすむ

という特徴が、あります。

日本メーカーのノートパソコンを買うと、『初心者ナビ』などの使い方ソフトが最初からインストールされていますよね。

これらのソフトにも料金がかかっていて、本体代に含まれているのをご存知でしょうか?

パソコンを少し触ったことがある方は、『初心者ナビ』を使うことはないと思います!

海外メーカーでは、最初から入っているのは最小限のソフトだけ。

その分安く買えるので、

  • できるだけお金をかけたくない人
  • スペックを自分で選べる人

には、海外メーカーがおすすめです。

大手メーカーと専門メーカーの違い

次に『専門メーカー』について、ご説明していきたいと思います。

専門メーカーのメリットを簡単に説明すると、『インパクトがある』です。

どういうことか、詳しく紹介していきたいと思います!

大手メーカー=安心感がある

大手メーカー(国産&海外)のメーカーには、安心感があります。

これまで長いことパソコンを作ってきた技術もありますし、サポートも充実しています。

専門メーカーは大手メーカーに比べ、

  • 人員が少ない
  • 規模が小さい

などのデメリットがあるので、心配な面があるもの事実。

しかし専門メーカーにもメリットはしっかりと有るので、続きをご覧ください。

専門メーカー=インパクトが有る

結論ですが、専門メーカーは、『インパクト』がメリットです。

やはり大手メーカーに比べて珍しいですし、CMなどにも力を入れているからです。

『マツコデ○ックスがCMしてたやつ!』と、会話のネタにもなりますね。

しかし品質は、大手メーカーほどではありません。

大手メーカーのように大量生産できるわけではないので、どうしてもコストもかかってします。

その値段を落とすには品質を下げるしかなく、サポートなどで不満を持つ方が比較的多いのも専門メーカーの特徴です。

【まとめ】ノートパソコン メーカーの違い

今回はノートパソコンのメーカーの違いについて詳しく紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

やはり国産メーカーには安心感がありますが、不要なソフトも入っているなとどうしても値段が高くなってしまいます。

自分でメモリやストレージの容量などを選べる方は、Lenovoなどの海外大手メーカーの機種を選んでみるのもありですね!

国産メーカーと比べて数万円単位でやすいので、ぜひ一度検討してみるといいかもしれません。

どの機種を選んだら良いのかわからないという方は、『ThinkPadおすすめ人気ランキング6選)』もぜひ参考にしてみてください。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

     

コメント