【PHPの基本のキ】改行のやり方

プログラミング
     
   

PHPで文章を改行したいんだけど…。やり方がよくわからない。

こんな悩みありませんか?

PHPで

やる気次第で

PHPは思い通り

このように途中で改行を入れたい場合は、<br/>を使いましょう。

この使い方はとても簡単ですが、注意点もあります。

エラーが出ないようにしっかりと最後まで読んで理解しましょう。

この記事の内容

  • PHPでの改行のやり方
  • 注意点
  • 具体例

この記事を参考にすることで、読む人が読みやすいように改行をすることができます。

それでは紹介していきたいと思います!

PHPで改行をするときは<br/>を使う

まずは実際に、改行の方法を見てみましょう。

画面に表示させるには「echo」を使います。(「echo」の使い方を忘れてしまった方は、【PHPの基本のキ】echoの使い方をご覧ください。)

やる気しだいで

PHPは思い通り

このように表示させるには

<?php
echo "やる気次第で<br/>PHPは思い通り";
 ?>

このようなコードにします。

このように改行したいところに<br/>を入れるだけです。

改行の注意点

「”」や「’」の中に<br/>を入れる

改行の命令文である<br/>は、「”」もしくは「’」の間に入れる必要があります。

考え方としては「echo」では「”」もしくは「’」の中にあるものが、画面に反映されると覚えておきましょう。

そのため「”」もしくは「’」の間以外のところに<br/>を入れると、

  • 改行されなかった
  • エラーが出る

などの、原因になります。

コード上だけでの改行やスペースは無視される

PHPを使う場合、コード上での改行やスペースはパソコンに無視されます。

具体的には

<?php
echo "やる気次第で
PHPは思い通り";
 ?>

このように入力しても

やる気次第でPHPは思い通り

と改行は無視されて、そのまま続けて表示されます。

コンピューターにとっては

<?php
echo "やる気次第で",





"PHPは思い通り";
 ?>

これと

<?php
echo "やる気次第でPHPは思い通り";
 ?>

は、同じ意味になります。

また同じようにスペースもパソコンには無視されます。

<?php
echo "やる気次第で",         "PHPは思い通り";
 ?>

これと

<?php
echo "やる気次第でPHPは思い通り";
 ?>

これを画面上で見ても、どちらも下のように表示されます。

やる気次第でPHPは思い通り

スペースを入れたいときは

スペースを入れたいときは「”」や「’」の中に入れましょう。

<?php
echo "やる気次第で  PHPは思い通り";
 ?>

そうすることで、

やる気次第で PHPは思い通り

このように表示させることができます。

PHPにおける改行のやり方 まとめ

今回はPHPにおける改行の方法について紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

このサイトではWordPressで使われているPHPについて、初心者でもわかりやすく理解できるように紹介しています。

今回の記事では

改行」のやり方

をしっかりと覚えていただき、次の記事にステップアップしていきましょう。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

     

コメント