【PHPの基本のキ】変数の使い方について

プログラミング
     
   

PHPの変数ってどうやって使うの?具体的な使い方が知りたいな。

こんな悩みありませんか?

よく『箱のようなイメージ』といわれる変数。

具体的には記事の中やお問い合わせフォームなどで、変数は多く使われています。

今回は変数が実際にどのように使われているか、勉強していきましょう。

この記事の内容

  • 変数について
  • 変数の具体例
  • 変数に文字や数字を入れる方法

今回の記事を参考にすることで、PHPにおける変数を深く理解することができます。

それでは紹介していきたいと思います!

変数は「箱」のイメージ

PHPで頻繁に使われる変数は「箱」のようなイメージになります。

変数と呼ばれる箱はとても便利で

  • 同じことを何度も書かなくてすむ
  • 修正・編集が楽

などの、メリットが。

まだ良く理解できませんか?それでは具体例を紹介していきたいと思います。

変数を使った具体例

お問い合わせの例

サイトなどで困ったことがあった場合、『お問い合わせ』を使った事がありませんか?

この様になっている場合が多いですね。(写真はこのサイトのお問い合わせフォーム)

このお問い合わせ画面でも、変数が使われています。

具体的に入力された内容は、変数(a〜d)へ入れられます。

このようにそれぞれの箱に、文字や数字が入れられます。

そして文字が入った変数は、次のように2つの使われ方をします。

  • メールの自動返信
  • 管理者へ送信

具体的に見ていきましょう!

メールの自動返信の場合
  • ステップ1
    各内容が入力される

  • ステップ2
    『送信』がクリックされる
  • ステップ3
    変数に文字が入る

  • ステップ4
    変数が返信メールに反映される

  • ステップ5
    返信メールが自動的に送信される

  • ステップ6
    管理者へ送信

このように変数を使うことで、自動的に入力されたメールを送ることができます。

もし変数を使わなければ、毎回メールに内容を入力しなくてはなりません。

少人数の場合はいいかもしれませんが、数が増えるほど作業が大変になりますよね!

変数の使い方

PHPにおける変数の使い方はとても簡単です。

例えば

『あけましておめでとうございます!』を、変数『$aisatsu』という変数に入れるには

<?php
$aisatsu = "あけましておめでとうございます!" ;
 ?>

このように変数と入れたい言葉を『=』で結ぶだけです。

入れた変数を使いたいときは、そのまま変数を書くだけ。

<?php
$aisatsu = "あけましておめでとうございます!";//変数に入れる
echo "$aisatsu";//echoは表示する命令文
 ?>

画面上では

あけましておめでとうございます!

このように変数に入れた文字が表示されます。

変数に入れた文字や数字は、いつでも変えることができるので、『おはようございます!』に変更したくなったら、追加で

<?php
$aisatsu = "あけましておめでとうございます!";//変数に入れる
echo "$aisatsu";//echoは表示する命令文
$aisatsu = "おはようございます!";//同じ変数に入れ直す
echo "$aisatsu";//echoは表示する命令文
 ?>

このようにコードを書くだけで、それ以降は『おはようございます!』としてつかうことができます。

ちなみに『あけましておめでとうございます!』を入れたときのコードは消す必要はありません。(コードは下に書いてあるモノが優先されます。)

まとめ PHPによる変数の使い方について

今回はPHPにおける変数の使い方についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

     

コメント