【PHPの基本のキ】PHPの命令文は「;」で終わる

プログラミング
     
   

PHPの「;」(セミコロン)ってなんなの?どんなタイミングで入力するの?

こんな疑問ありませんか?

結論ですが、「;」(セミコロン)は命令文の最後に入力します。

PHPのコードを書く上でとても大切な内容なので、ぜひ最後まで読んでみてください。

この記事の内容

  • 「;」(セミコロン)につてい
  • よくあるミスについて
  • 「;」(セミコロン)を入力するクセをつけよう

この記事を参考にすることで、このようなPHPの基本を学ぶことが可能です。

それでは紹介していきたいと思います!

PHPの命令文は「;」で終わる

命令文とは?

PHPの命令文は「;」(セミコロン)を、最後にかならず入力しましょう。

PHPの命令文とは、「<?php」と「p>」の間にあるコードを指します。

例えば下の場所が命令文になります。

「;」を付け忘れると?

「;」を入力し忘れると、サイト自体が表示されない場合もあります。

ここがHTMLと違い、初心者が敬遠してしまいがちな点です!

パソコンは命令を忠実に実行するモノなので、たかが「;」という1つだけ抜けているだけでもうまく動いてくれません。

人間なら「ここ入力忘れたんだなー」と理解できますが、パソコンは「・・・・・・・。」となってしまうのです。

よくある「;」の間違い

ここからは「;」(セミコロン)の、よくある間違いやミスを紹介していきます。

プログラミングでは、このような『小さいミス』に注意してコードを書いていきましょう。

全角と半角

まずは全角の「;」と、半角の「;」です。

『同じじゃないか!』と思われるかもしれませんが、パソコンにとっては自転車と飛行機くらい違います。(それだけ極端に違うということです!)

PHPで使うのは半角の「;」になります。

コードを入力時には、パッとみても分かりづらいので注意しましょう。

「:」(ころん)との間違い

「;」(セミコロン)と似ている「:」(コロン)を入力してしまうのも、よくあるミスの一つです。

PHPでは「:」(コロン)を使う場面も多々あるので、気をつけて入力しましょう。

入力忘れ

最後が入力忘れです。

実はこの「;」(セミコロン)は省略できるパターンがあります。

だたし最初にお伝えしたとおり、必要なところに「;」(セミコロン)がないとサイトが表示されないリスクがあります。

そのため省略できる場合でも、入力しておくことを強くおすすめします。

入力しないクセが付くと、いざというときに入力を忘れてしまいますよ!

「;」(セミコロン)について まとめ

今回は

PHPの命令文は最後に「;」をつけることがルール

という内容を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

たった一つの「;」がないだけでもエラーを起こしてしまいますので、命令文を入力したら「;」(セミコロン)を打つクセを付けておきましょう。

今回の記事では

「;」(セミコロン)をしっかりと入力する

ということをしっかりと覚えて、次の記事にステップアップしてきましょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

     

コメント