【PHPの基本のキ】実際に手を動かせば早くPHPを習得できる

プログラミング
     
   

プログラミング(PHP)を習得したいんだけど、何から始めたら良いかな?とりあえず参考書を山のように買ってみようかな…。

こんな疑問ありませんか?

結論ですが、プログラミング(PHPなど)を早く習得するには

実際に手を動かしてコードを書いてみること

が大切です。

そして「あっ!動いた!」という感動を味わうことが重要です。

この記事の内容

  • 本を読むより、手を動かそう
  • 具体的な例
  • 1週間の無料体験ができるスクール

今回の記事を参考にすることで、プログラミング(PHPなど)を『楽に早く』習得できるようになります。

具体例では「なるほどね!」と感じていただけると思いますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

それでは紹介していきたいと思います!

プログラミングの本はたくさんあるけど…

PHPなどのプログラミングを、習得したい人が陥りがちな穴。

それは参考書を、ひたすら読み込むことです。

しかし大切なのは実際に手を動かしてコードを書き、『あっ!できた!』という嬉しい体験を増やしていくこと。

本ばかりを読んで勉強している人は習得が遅れるだけでなく、どの本を買うか悩んだり読むことにエネルギーを使ってしまい、実際にはまったくプログラミングが習得できないことも…。

手を動かして実際にコードを書いてみよう

サッカーの場合

イメージしやすいように『サッカー』を思い浮かべてみてください。

サッカーを覚えたいと思うなら

  • ルールブックを読み込む
  • 実際にボールを触ってみる

どちらが、早くサッカーを覚えられそうですか?

当然後者ですね。まずはやってみることが大切です。

それではもう一つ!

富士山の場合

富士山に登りたいと思った人が、

  • 富士山のことをひたすら本で読み、知識を増やす
  • まずは小さい山に登ってみて、自分の体力や歩き方を覚える

どちらがいいか、一目瞭然ですよね(^^)

PHPの場合

このようにPHPを習得したなら、参考書を読み込むよりも実際に手を動かしてみて『あっ!動いた!』という感動を味わうことが大切なのです。

PHPを早く習得する方法 まとめ

今回はPHPなどのプログラミングを習得するためには、

  • 実際に手を動かしてコードを書く。
  • 「おっ!できた!」という『涙が出るほどの感動を味わったほうが、早く習得できる』

という内容を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

勉強は苦手という方も、TechAcademy [テックアカデミー]の1週間無料体験でPHPの基礎が学べたという方もたくさんいます。


ぜひあなたも試してみてはいかがでしょうか?

ここまで読んでいただきありがとうございました。

     

コメント