スポンサーリンク

車にパソコン用のテーブルを自作!たった2000円で大満足!!!

日曜大工
  • 車でパソコンを使いたい!
  • 集中できる環境がほしい

こんな風に思っていませんか?

私の場合、家でパソコン作業をしていると、「パパー」と子供が遊んでとよってきます。それでいつも作業が中断…。

とても可愛くてうれしいと思う反面、作業に集中したいという気持がありました。

一度集中が途切れるともう一度集中するのが結構難しい性格なので、集中できる場所がほしい!とずっと思っていました。

なので今回思い切って車にパソコン用の台を自作して自分だけの空間を作ることに。

下の写真が自作したパソコン用の台です。

車に穴などは開けたくなかったので、ヘッドレストの棒を使って固定しています。さらに折りたたむことも可能!!!

車で集中して作業できるようになってから、効率よく作業できるので空いた時間もできました。

将軍
将軍

その時間で娘と遊ぶこともできるように!

やるときゃやる、休むときは休む!という、メリハリがしっかりできるようになったので、作ってよかったと本当に思います。

今回自作したテーブルは、車に穴を開けること無く、簡単に作ることができるので、みなさんぜひ作ってみてはいかがでしょうか?

この記事の内容
  • 車にパソコン用のテーブルを作った感想
  • 使った材料
  • 作るときのコツ
スポンサーリンク

車にパソコン用のテーブルを自作

ヘッドレストの棒を利用

車には傷はつけたくないので、テーブルの固定にはヘッドレストの棒を利用することにしました。

2箇所だけで不安定かなと心配になりましたが、写真のように結果的に4箇所でテーブルを支えることができたので、ぜんぜん大丈夫でした。

4箇所で支えるには、写真のところの長さが重要です。

短すぎると穴に入らなくなるし、長すぎるとテーブルが不安定になります。でも失敗しても気軽に作り直せるのが木材の良いところですので、あまり神経質になる必要はありません。

失敗したら作り直しましょう。

テーブルを使わないときは、折りたたむ

折りたたみ式の金具を使ったので、使わないときは写真のように収納することができます。

人を乗せるとき以外、テーブルを開きっぱなしです。

運転中に振動でテーブルが閉じてしまうということはありません。

ちなみに写真のテーブルは横が45cm、縦が35cmというサイズになります。

高さや場所は、補助席の場所で決める

テーブルの高さや場所は、前の席(補助席)で変えることができます。前の席に人がいるときは微妙ですが、作業は基本的に一人なので問題ありません。

実際にやってみると、テーブルの場所や位置は幅広く変える事ができました。

なので、写真のところの長さはそんなに神経質にならなくても大丈夫です。

テーブルを作るときのポイント

  • 出来るだけシンプルに
  • 木材は最後に塗装
  • テーブルの上面にシートを貼ると完璧!

今回テーブルを自作したときに、感じたことを紹介したいと思います。

まず、作りは出来るだけシンプルが良いと思います。高さ調整をできるようにと最初考えていましたが、どうしても全体がゴツくなり大きくなってきます。

は棚受け金具の取り付け位置で決めたら、前の席の角度などで微調整ができるので、高さ調整機能は付けなくてよかったです。

2つ目のポイントは、塗装を最後に行うことです。全体を組み立て終わったら、一度ばらして塗装します。少し面倒かもしれませんが、あとから塗装したほうが、全体がキレイに仕上がります。

そして、見た目にこだわりたいという方はテーブルにシートを貼ると売っているテーブルのようになります。今回使用したのはシートです。傷や汚れがつきにくいだけでなく、耐久性がかなり高いのでとてもおすすめです。

スポンサーリンク

使った材料

木材

今回テーブル部分には集成材を使いました。集成材は歪みが少なく、曲がらないのでテーブルにするにはぴったりです。パソコンを置くには十分すぎる強度があります。

②の部分にも余った集成材を使いましたが、2×2材などでも代用することができます。ホームセンターで300円くらいで買うことができますよ。

折りたたみ式 棚受け金具

テーブルを乗せる棚受け金具です。こちらの金具は多くのサイズから選ぶことができるので、棚のサイズに合わせて購入しましょう。私が使った金具は40kgまでの重さに耐えることができます。

ステー

木材と木材はネジで固定をしましたが、一応補強のためにステー取り付けました。これによりネジで固定したところは歪むこと無く使うことができています。

スポンサーリンク

 車にパソコン用のテーブルを自作 まとめ

今回テーブルを自作してみましたが、控えめに言って本当に最高です。

集中して作業できるようになったので、作業にかかる時間も減りました。時間が余った分、子供と遊ぶ時間に使えるのでとても幸せです。

今回の自作テーブルは電動ドリルなどは家にあるものを使ったので、材料費としては2000円くらいですみました。

とても簡単に作れますので、ぜひ皆さんも試しに作ってみてはいかがでしょうか?

コメント