集中するなら、まず運動!疲れ知らずの集中力をつくる

おすすめ
     
   

集中して作業するにはどうしたら良いの?

こんな疑問ありませんか?

結論ですが集中力を高めたいなら、作業前に5分間の運動をしてから作業に取り掛かりましょう。

そうすることで今までよりも効率的に作業でき、あなたの生産性を高めることができます。

この記事の内容

  • 集中力を高める運動
  • どんな運動が良いの?
  • 逆に運動で疲れたりしないの?

この記事を読んで運動を取り入れることで、劇的に集中力を高めることができます。

それでは詳しく紹介していきたいと思います!

集中力を高めるにはランニングが良い

負荷がある程度必要

集中して作業を続けるためには、運動がベストです。

運動と言っても負荷のかかるウォーキングからランニングまで様々ですが、『一流の頭脳』の筆者でもあるアンダース・ハンセンは『ランニングが最も効果が高い』と結論づけています。

アンダース・ハンセンは『肉体にある程度の負荷がかかる方が効果が高い』とも本書でも紹介していました。

ウォーキングハイはない

ランナーズハイという言葉を聞いたことがあると思います。

ランナーズハイとは?

ランニング中の陶酔状態。ランニング開始後5〜15分して身体が運動状態に慣れてくると急に楽になり、セカンド・ウィンド(次息)という状態になる。さらに20〜40分走り続けると少し頭がぼんやりするが、非常に気持ちのいいサード・ウィンド(第3息)という状態になる。これがランナーズ・ハイである。 コトバンクより

コトバンクより

このようにランナーズハイとは、脳内物質によりランニングに覚醒することです。

しかしウォーキングでは負荷が軽すぎるため、このような物質は分泌があまり分泌されません。

ウォーキングハイと言う言葉は聞いたことがないですよね?

そのため集中して作業したい場合はウォーキングではなく、できるだけランニングを作業前に行うようにしましょう。

どうしても走れないという方は、早足ウォーキングもおすすめです。

あなたのペースに合わせて運動を取り入れていきましょう!

運動するとストレスに強くなる

運動するとストレスホルモンが出る

運動=体には負荷がかかる行動です。

そのため運動すると、コルチゾールというストレスホルモンが分泌されます。

ストレスホルモンが出るとあなたの体は、対抗するべく強くなろうとします。

つまり筋肉のようにどんどん強くなり、徐々にストレスに強い身体を作ることが可能。

アンダース・ハンセンも『運動は集中力の改善にすぐれた効果を発揮する、副作用のまったくない薬だ』と述べています。

ストレス耐性は鍛えられる

運動することで集中力を高めるだけでなく、ストレスにも強い身体を作ることができるのです。

これを試してみない価値は無いですよね。

『運動すると疲れるのでは?』と思っている方へ

作業前に体を動かしたら、疲れてますます集中できなくなるのでは?

と、思っているあなたへ。

そんな方こそ一度試してほしいのが、作業前の早足ウォーキングです。

ランニングほど体力も使いませんし、5分の運動だけでその後の数時間の作業効率をグッと上げることができます。

ウォーキングですのでお金もかかりませんし、本当におすすめです。

【まとめ】集中して作業するには運動が大切

今回は集中して作業をするためには運動がとても効果的と紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

実際に試してみるとその効果に驚くはずです。

ぜひあなたも作業魔のちょっとした運動を試してみてください。

ここまで読んでいただきありがとうございます!

     

コメント