【Lenovoノートパソコン】ThinkPadとIdeaPadの違いや特徴をわかりやすく紹介

ThinkPad
将軍
将軍

Lenovoのノートパソコンを買うときに、ThinkPadとIdeaPadで悩む方が多いようです。

私も実際にLenovoのノートパソコンを使用していますが、とても使いやすくて気に入っています。

 

  1. ThinkPadとIdeaPadはどう違うの?
  2. ThinkPadはどのような人に向いているの?
  3. 安いIdeaPadは性能が悪いの?

という、疑問に答えます。

結論を簡単に説明すると、

  1. ThinkPadとIdeaPadの一番の違いは堅牢性。次にモバイル性能
  2. 持ち運ぶなら、ThinkPadがおすすめ
  3. 自宅で使用するなら、IdeaPadで十分。スペックはカスタムでお好みに

 

この記事を読み終わるころには、あなたの買いたいノートパソコンが見つかるようにできるだけわかりやすく紹介したいと思います。

【Lenovo】ThinkPadとIdeaPadの違い

ThinkPadは堅牢性が高い

Lenovoから発売されている ThinkPad は仕事なので持ち運びができるように、高い堅牢性と耐久性の厳しい品質テストが繰り返されています。

 

テスト内容は万が一落としてしまった時の落下テストや、気温気圧の変化、 キーボードや画面の開閉の耐久性。

その他アメリカ軍の規格テスト にも合格しています。

 

極端な例ですが、アメリカ軍では砂漠や北極での使用の可能性があります。

そんな過酷な環境でも使用 ThinkPad は使用できるようになっています。

 

気をつけていてもノートパソコンを持ち運ぶ時に、ついパソコンをぶつけてしまったり、パソコンを入れているバッグを落としてしまう可能性もあります。

 

将軍
将軍

そんな時でも ThinkPad なら他のノートパソコンよりも安心して使用することができます。

ここで一つ注意点があるのですが、IdeaPadがほかのパソコンを比べて堅牢性が低いというわけではありません。

ThinkPadが堅牢性に特に優れているのです。

ThinkPadとIdeaPadのモバイル性能の違い

ノートパソコンの持ち運びを多くする方が、ThinkPad を選ぶ理由としてモバイル性能が高いというのも理由の一つあります。

 ThinkPad はバッテリー性能が高く、長時間バッテリーのみでの使用が可能です。

 

また、急速充電対応の機種なら約1時間の充電で80%ほど充電することができます。

将軍
将軍

その為持ち歩いてもバッテリー切れの心配がありません。

 

さらにThinkPadは

  1. 軽い
  2. 薄い
  3. コンパクト

という機種も多くあります。

 

このことからも、特にノートパソコンを持ち運ぶことが多い方にとって、とても使いやすいノートパソコンになっています。

Windows10 ProはIdeaPadでは選べない

 Windows10では、Homeと Pro の2種類があります。

一般ユーザーの方はHomeで十分ですが、仕事などで使用する方はProが必要になってくることが多いと思います。

 

プロではHomeの機能に加えてビジネスで多く使われる機能が搭載されているからです。

 

 ThinkPad ではカスタマイズ画面で Home と Pro の2種類から選択することもできます。

しかし IdeaPad では Windows10Homeのみ選択することが出来ます。

ここまでのまとめ

  1. ThinkPadは堅牢性が高い
  2. モバイル性能がThinkPadは高い
  3. IdeaPadは性能が低いわけではなく、ThinkPadが高い

それでは、次からは使用目的によってどのパソコンがおすすめなのか紹介していきたいと思います。

【Lenovo】ThinkPad、IdeaPadはこんな人おすすめ

仕事でノートパソコンを使うなら『ThinkPad』

上で紹介したように、 堅牢性やモバイル性能が ThinkPad は他のノートパソコンより優れています。

 

仕事で使うならThinkPadと言われるように、仕事などで持ち運んだり色々な環境で使用する方には ThinkPad がおすすめです。

家での使用なら『IdeaPad』が可愛くておすすめ

IdeaPad を見てまず思うのは、デザインの良さです。

5万円前後から買えるノートパソコンの中では抜群に見た目が綺麗です。

 

特に女性などに好まれるデザインになっています。

 

アルミで作られた機種もあり、手触りが滑らかで質感の高さも見られます。

すぐに欲しいなら『IdeaPad』の方が納期が早い

レノボでは二つの生産タイプがあり ThinkPad は受注生産になります。

受注生産とはその名前の通り、注文が入ってからパソコンが製造されます。

なぜこのような生産方式をとっているかと言うと、使う人それぞれのカスタマイズによって作られているからです。

そのためThinkPadではスペックやオプションなど数多くの中から自分の好みのスペックを選んで買うことができます。

 

その反対に IdeaPad は同じスペックのパソコンを大量生産しています。

メリットとしてはもうすでに製造されているため注文してから到着までの期間が短いという点があります。

ここまでのまとめ

  1. 持ち運びが多い、色々な環境で使うなら『ThinkPad』
  2. IdeaPadはデザイン性が高く女性にも人気
  3. IdeaPadは納期が早い
将軍
将軍

次にThinkPadとIdeaPadの選べるスペックの違いがあるのか紹介していきたいと思います。

【Lenovo】ThinkPadとIdeaPadの選べるスペックの違い

ThinkPadは自分好みにカスタマイズ可能

上で紹介したようにThinkPad では 買うときに、カスタマイズ画面でスペックやオプションを自分好みに選ぶことができます。

そのため、使用する目的や環境に合わせて色々なスペックにすることができます。

 

パソコンの性能を大きく左右する CPU は2種類から選ぶことができます。

将軍
将軍

 CPUはプロセスナンバーと規格が重要です。

 

 CPU の型番の見方と意味を、詳しく紹介したいと思います。 

  1. インテルから発売されているコアシリーズ
  2. AMD から発売されている ryzen シリーズ

の二つがあります。

Intel(インテル)製のCPU

ThinkPad で選べるIntel製のCPUはCoreシリーズという CPU になります。

このCoreシリーズというのはインテルの主力の CPU です。

将軍
将軍

 Core i3、i5、i7、i9の順で性能が上がります。

 

さらに画像にある世代の部分の数字が、大きければ大きいほど性能が上です。

 

一番最後にある規格ですがほとんどが『U』となっております。

この『U』というのはノートパソコン向けに省電力されたモデルということになります。 

AMD製のCPU

 

AMD製のCPU も選ぶことができます。

レノボのノートパソコンでは、 AMDの主力製品であるryzenシリーズを選択することができます。

将軍
将軍

ryzen 3、5、7の順で性能が上がります。

 

規格はノートパソコン向けに省電力された『U』が採用されているようです

メモリ

その他 ThinkPad ではメモリも幅広い中から選ぶことができます。

自分の使用用途を考えて、どのようなスペックにするか自由に選択することができます。

 

将軍
将軍

どのくらいのメモリを選択したらいいか迷う方は下の表を参考にしてみてください。

メモリ容量 備考
2GB メモリ不足になりがち。すぐに動作が遅くなる。
4GB ネットや動画視聴など、軽めの作業なら問題ない。
8GB 一般的な使用なら問題ない。
16GB以上 動画編集やCADの使用も可能。高性能

ストレージ

データを保存しておくための場所がストレージです。

ここ近年大きな容量のSSD のストレージが普及してきています。

 

ストレージの容量はあなたの保存したいデータの量に合わせて決めることが重要です。

 

将軍
将軍

値段を抑えるために外付けの HDD に保存するということもできます。

 

速度がとても早いNVMeの SSD がおすすめです。

IdeaPadはスペックが機種ごとに決まっている

IdeaPad は ThinkPad とは違い同じスペックのモデルが大量生産されています。

そのため、機種によりスペックをあまり選択することがあまりできません。

 

しかしメリットとして、受注生産の ThinkPad と比べて納期が早いという特徴があります。 

ThinkPad の納期の目安は約3週間ほどになりますが、 IdeaPad は在庫があればすぐに発送してくれるため早く手元に届きます。

【Lenovo】ThinkPadとIdeaPad 違い まとめ

ここまだ読んでいただきありがとうございました。

この記事では ThinkPad と IdeaPad の違いについて紹介しました。

 

話題の他のシリーズを知りたいという方は、まずThinkPadおすすめ人気ランキング6選をご覧ください。

コメント