スポンサーリンク

ソニックケアは超おすすめ!使い方をじっくり紹介!

おすすめ
  • ソニックケアっておすすめなの?
  • 使い方は?

こんな悩み、持っていませんか?

 

今回フィリップスの、ソニックケアを購入しました。

使ってみて想像以上に歯がツルツルになり、気持ち良かったので紹介したいと思います。

今回私が買ったのはこちらです↓

この記事の内容
  • ソニックケアの使い方
  • 口コミ
  • メリット・デメリット
スポンサーリンク

回転式より音波式(←ソニックケア)がおすすめ

回転式よりも、歯の隙間がキレイになる

電動歯ブラシは大きく分けると、2つの種類があります。

  1. 回転式
  2. 音波式(超音波式)

回転式とは?

毛先が回転して、歯の汚れを取る歯ブラシです。

回転式

音波式とは?

毛先が高速に振動して、汚れを落とします。かなり高速に動くので水流も発生します。

音波式

 

どちらを買うか迷う方は、ぜひ音波式をおすすめです。

私は実際に回転式と音波式を両方使いましたが、音波式の方が明らかに汚れが落ちていると感じるからです。

回転式も手動で磨くのと比べたら、かなり汚れは落ちるんですけどね。

→詳しくはこちらで紹介しています。

ブラウン「オーラルB」PRO2000をレビュー!口コミ通り〇〇〇?
ブラウン【オーラルB】PRO2000を実際に買ったので、詳しくレビューしたいと思います。使ってみて、事前に調べた口コミと比較してどうだったかも紹介。これから買うか迷っている方は是非参考にしてみてください。

さらに回転式から音波式に買い替えてから、明らかに違うことがありました。

それは、『歯の隙間のすっきり感』です。

音波式の電動歯ブラシを使うようになってから、歯と歯の隙間がすっきりする感覚がとてもあります。

歯間ブラシよりも、個人的にはすっきりして、しっかりきれいになっているのかなと感じます。

回転式と同じくらい音は大きい

回転式の電動歯ブラシを使っていた時も、気になっていた『音』。

音波式の歯ブラシでも、やはり音は気になりました。

モーターが入っているので、仕方ないのですが、結構大きいです。

約31000回/分も振動しているので、それなりに使っているときはブーンと音がします。

テレビなどを消すと、隣の部屋に聞こえるくらいの大きさです。ソニックケアの場合、低振動モードは無いので、音は我慢するしかないようです。

スポンサーリンク

ソニックケアはどんな人におすすめ?

口臭が気になる方

ソニックケアは、口臭が気になる方におすすめです。

回転式よりも歯の隙間の汚れが取れ、雑菌の繁殖を抑えることができるからです。

歯がざらざらする方

電動ブラシを使い始めると、歯の表面がツルツルします。

手動の時よりも、明らかに良く磨けている感じがあります。

1分間に約31000回振動!手動では到底できない振動数ですね。

歯磨きの時間を短くしたい方

ソニックケアを使うと、約2分で歯磨きをすることが可能です。

それ以上やると、歯が削れる恐れがあるので振動も自動的に停止します。

スポンサーリンク

ソニックケアの使い方

歯や歯茎に軽く当てて、スライドするだけ

音波式の電動歯ブラシの使い方は、歯や歯茎に毛先を当てるだけです。

普通の歯ブラシのように、ゴシゴシと左右に動かす必要はありません。1つの歯に対して、約2秒ほど毛先を当てているだけで、キレイに磨くことができます。

長く磨きすぎに注意

手動歯ブラシに比べて磨く力が強い電動歯ブラシは、磨き過ぎに注意が必要です。

磨きすぎると逆に歯茎を痛めてしまったり、歯周病の元になります。

ソニックケアでは磨き過ぎを防止するために、『スマートタイマー機能』が付いていました。2分間ソニックケアを使用すると自動的に振動が停止する機能です。

違和感なく使い始められる『イージーモード』

初めて電動歯ブラシを使うと、振動で歯にかゆみなどを感じる方が多いようです。

そのためソニックアでは『イージースタート機能』が付いています。

イージースタート機能とは、電動歯ブラシの振動に慣れるたのめ機能です。

使い始めてから15回目まで段階的に、振動が強くなっていきます。15回目以降は、通常の振動の強さで使うことができます。

電動歯ブラシに慣れていて、このイージースタート機能が、最初からいらないという方は解除することも可能です。

解除の方法はソニックケアを充電器において、電源ボタンを長押しです。

イージースタートの解除方法

ビープ音が1度鳴り、イージースタートモードを解除することができます。

イージースタート機能をもう一度使いたい時は、またソニックケア充電器にセットして電源ボタンを長押しします。

ビープ音が2度なり、再びイージーケアモードにすることができます。

水が歯の隙間から勢いよく出てくる

ソニックケアは振動することで、水を押し出し水の流れを発生させます。

歯の表面に歯先を当てると、歯の隙間から勢いよく水が出てきます。歯磨き粉は付けなくてもいいみたいですが、すっきり感がないので、私は少量使うようにしています。

スポンサーリンク

ソニックケアの付属品を紹介

付属のブラシ

ソニックケア専用のブラシは、いくつかの種類があります。

購入時についてくるのは、『センシティブブラシ』です。

ブラシは約3か月/個使うことができるので、次に買うときに、好みのブラシを買うようにしましょう。

純正のブラシの他に、互換ブラシも多くあるので、使ってみたらこちらでレビューしたいと思います。

本体

ソニックケアの本体は写真のような感じです。

白をベースにしてとてもシンプルなので、個人的にはとても気に入っています。握るところにも汚れがつきにくいのも○。

充電器

ソニックケアを充電するときは、付属の充電器の上に置くだけです。

一度充電すると1週間位は問題なく使うことができます。

トラベルケースなどは付いていない

前に使っていたブラウンのオーラルbという電動歯ブラシには、トラベルケースがついていました。

出張などのときに電動歯ブラシを持ち歩くのに便利でしたが、ソニックケアにはこのトラベルケースがついていなく少し残念でした。

スポンサーリンク

保障について

ソニックケアの保証期間は2年間です。普通に使っていて、なにか不具合があったら本体を交換してくれるみたいです。ブラシは交換の対象になっていないようで、おそらく本体のみの交換になると思います。

スポンサーリンク

ソニックケアの口コミ

次にソニックケアの口コミを紹介したいと思います。

いい口コミ

ある意味買って後悔しました
なんでもっと早く買わなかったのかと!
もう最近の電動歯ブラシってこんなにすごいのかと感動しました!

アマゾンレビューより

私は毎日朝夜合わせて歯を30分磨いていたのですがこれが短くなればなぁと思ってました。
そこで電動歯ブラシを買ってみたのですが正解でした。
1日6分で済むようになったので1週間で約3時間が生まれ
1ヶ月だと約12時間
1年間約150時間生まれたと考えれば少し高い買い物ですが生まれた時間を考えれば安いものです

アマゾンレビューより

マイナスな口コミ

音が、異常にする。

アマゾンレビューより

加圧防止機能があり、少し押し付けただけで、
磨けなくなります。
特に奥歯を磨くときに頻発します。

アマゾンレビューより

スポンサーリンク

PHILIPS ソニックケア 使い方のまとめ

今回はフィリップスのソニックケアを、実際に使ってみてビックリするくらい汚れが取れたので、紹介させていただきました。

レビューを見てもほとんどの方が、使ってよかったと実感している商品でいしたので、気になる方は試してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめ
ひろをフォローする

コメント