【最新】ThinkPad(14インチ)の全11機種決定版!あなたに合うのはどれ?

ノートPC(ThinkPad・ThinkBook・ideapad)
  • ThinkPadは機種が多くて、どれを選んだらいいかわからない
  • 14インチのThinkPadが欲しい

こんな悩みを解消します。

 

これだ!

って機種に出会えずに、どのThinkPadを買うか悩んでいませんか?

ThinkPadは選べる機種が多く、悩む方が多くいます。

この記事では、作業しやすく持ち運びにも便利な「14インチのThinkPad」について紹介していきます。

この記事を参考にすると、「これだ!」と思える機種を見つけることができますよ。

記事の内容
  • 14インチというサイズについて
  • ThinkPad/14インチのラインナップ

ThinkPad/14インチはどんな特徴が?

大きい画面で作業できる

作業しやすい!

14インチはノートパソコンでは、比較的大きいサイズです。

そのため文字も大きくて、見やすい特徴があります。

ちなみに14インチというのは、縦16.5cm・横29.3cmになります。

スペックが高い傾向がある

高スペックにも。

14インチは画面が大きいので、必然的に本体も大きくなります。

その分、高い性能の部品を付けれる傾向が。

カスタマイズ次第では、かなりの高性能にすることも可能です。

気軽に持ち運びできる最大のサイズ

14インチのノートパソコンは、A4ファイルより多少大きいサイズになります。

将軍
将軍

14インチよりも多きくなると、持ち運びが大変です。

ThinkPad(14インチ)一覧

ThinkPad  14インチ 一覧
機種名 重さ バッテリー性能
X1 Yoga 1.36kg 約19.3時間
X1 Carbon 1.09kg 約19.5時間
T495s 1.26kg 約16.5時間
T495 1.57kg 約15.8時間
T490s 1.24kg 約17.7時間
T490 1.44kg 約17.8時間
A485 1.65kg 約11.9時間
L490 1.69kg 約15.9時間
E14 1.73kg 約12.6時間
E495 1.75kg 約12.2時間
E490 1.75kg 約15.6時間

14インチは人気のあるサイズです。

そのため多くのラインナップがあります。

それでは、それぞれどのような特徴がある機種なのか紹介したいと思います。

X1 Yoga

タブレットとしても。

X1-Yogaは画面を360度開くことにより、タブレットとして使うこともできます。

複数の人と同じ画面で作業するときなどに、圧倒的に使いやすい機種です。

値段は少し高めですが、タブレットとパソコン両方買うことと比べると、お得感はあります。

  • タッチパネル対応
  • 専用のペンが付属

Lenovo X1 Yogaを確認

機種名 ThinkPad X1 Yoga
価格 20~35万
本体サイズ 323mm×218mm×15.5mm
画面サイズ 14インチ
重さ 1.36kg~
CPU Intel Corei7 第10世代 取付可能
メモリ 最大メモリ 16GB
ストレージ SSD 2TB 取付可能
LTE 使用可能(オプション)
カラー アイアングレー

使い方しだいで無限の可能性

ありそうでなかった「yoga」。

タブレットとパソコン両方を持ち歩く必要がなく、その場ですぐに形を変えることができます。

こんなに進化した!使い心地

タッチペンで画面を操作することで、直感的に作業することが可能です。

さらに、タブレットモードの時は後ろのキーボードが沈み込み、誤入力を防いでくれます。

Lenovo X1 Yogaを確認

 

X1 Carbon

驚きの軽さ・コンパクトさ。

ThinkPadの大人気機種X1-Carbon

X1-Carbonは本体が、カーボン素材で作られています。

そのため軽量で、とても頑丈です。

  • 本体サイズが13インチと同等
  • のぞき見防止機能も

Lenovo X1 Carbonを確認

機種名 ThinkPad X1 Carbon
価格 18~24万
本体サイズ 323mm×217mm×14.95mm
画面サイズ 14インチ
重さ 1.09kg~
CPU Intel Corei7 第10世代 取付可能
メモリ 最大メモリ 16GB
ストレージ SSD 2TB 取付可能
LTE 使用可能(オプション)
カラー

ブラック・カーボン柄

※液晶画面のタイプで変わります。

持ち運ぶなら最適な機種

X1-Carbonは、抜群の持ち運びやすさです。

14インチの画面を搭載しているにもかかわらず、一回り小さい13インチと同じ本体サイズ。

さらにカーボン素材のため衝撃に強く、とても軽い特徴が。

頼れるセキュリティ対策

ロビーやカフェなどでは、のぞき見されるという問題が。

そんな時でも「Privacy Guard(プライバシーガード)」搭載のX1-Carbonなら安心です。

斜めから画面を見ることができないので、のぞき見を防ぐことができます。

Lenovo X1 Carbonを確認

 

T495s・T495

AMD製のCPU。

ThinkPadのT495s・T495のCPUは、AMD製のRyzenシリーズになります。

AMD製のCPUはコストパフォーマンスがよく、インテル製のCPUよりも安く抑えることが可能です。

  • Ryzen 5やRyzen 7を採用
  • T495sはスリムな本体
機種名 T495s T495
価格 10~14万円 8~12万円
本体サイズ 329×226×16.7(mm) 329×227×17.9(mm)
画面サイズ 14インチ 14インチ
重さ 1.26kg~ 1.57kg~
CPU AMD Ryzen 7搭載可能 AMD Ryzen 7搭載可能
メモリ  16GB(最大) 32GB(最大)
ストレージ SSD 1TB (最大) SSD 1TB (最大)
LTE 使用可能(オプション) 使用可能(オプション) 
カラー ブラック ブラック

大きい画面を持ち歩く

小さい画面のパソコンだけが、持ち運びやすいわけではありません。

ThinkPadのT495s・T495は、14インチという作業しやすい大きい画面でありながら、持ち運びも楽にできる薄さと重さになっています。

一度使えば、その使いやすさがクセになります。

LTE対応でさらに使いやすく

スマホのようにWi-Fiなどが無くても、どこでもネットに接続できるLTE通信。

外出先でWi-Fiを探す手間がかからなく、かなりの時短になります。

LTE通信をするには、

  • オプションで「WWAN対応」(¥18,700)
  • 月々のSIM使用料

が、必要です。

 

T490s・T490

ThinkPadのエース。

T490s・T490はインテル製のCPUです。

Intel製のCPU・14インチ・高性能のThinkPadが欲しいなら、この機種で後悔はありません。

  • Core i5/i7(第10世代) 搭載可能
  • T490sはさらにスリム
機種名 T490s T490
価格 12~18万円 11~17万円
本体サイズ 329×226×16.7(mm) 329×227×18.9(mm)
画面サイズ 14インチ 14インチ
重さ 1.24kg~ 1.44kg~
CPU Intel core i7第10世代 取付可能 Intel core i7第10世代 取付可能
メモリ  32GB(最大) 48GB(最大)
ストレージ SSD 1TB (最大) SSD 1TB (最大)
LTE 使用可能(オプション) 使用可能(オプション) 
カラー ブラック ブラック

電源の心配がグッと減る

こんなに長いの?

T490s・T490は、バッテリーだけでも長時間使用することができます。

カタログ値で17時間以上です。

使い方にもよりますが、日中使っていてバッテリーがなくなるという事は、ほとんどありません。

万が一、バッテリーが少なくなっても、急速充電することが可能です。

選べる高画質の画面

他のパソコン画面が見れなくなった。

こんなことがT490s・T490を使っていると起こるかもしれません。

フルHDよりも、画質が高い「WQHD液晶」を搭載することができるからです。

画質が高いので、画像が滑らかで美しく見えるなどの特徴があります。

 

A485

このスペックで、この値段?

A485は値段を抑えつつ、性能の高さが魅力的。

AMD製のCPUが、搭載されています。

  • CPUはRyzenシリーズ
  • 値段と性能のバランスが良い
機種名 ThinkPad A485
価格 10~16万
本体サイズ 336mm×232mm×19.95mm
画面サイズ 14インチ
重さ 1.65kg~
CPU AMD Ryzen7 第2世代
メモリ 最大メモリ 32GB
ストレージ SSD 1TB 取付可能
LTE 非対応
カラー ブラック

Lenovo A485を確認する

高いグラフィック性能

「Radeon Vega」とい名の内蔵グラフィックを採用。

これまでの内蔵グラフィックよりも高性能な、パフォーマンスを発揮します。

値段と性能のバランスが良い

同程度のインテル製CPUとくらべて、安く抑えることができるAMD製。

性能が高く、値段が安い。

とても魅力的な機種です。

Lenovo A485を確認する

 

L490

ついに出た。

今までは高性能なシリーズ(X/T)だけだった、LTE通信。

それが、メインシリーズで初めて搭載できるようになりました。

  • LTE搭載可能
  • メモリ最大32GB搭載可能
機種名 ThinkPad L490
価格 11~18万
本体サイズ 335mm×235mm×22.5mm
画面サイズ 14インチ
重さ 1.69kg~
CPU Intel Corei7 第8世代取付可能
メモリ 最大メモリ 64GB
ストレージ SSD 1TB 取付可能
LTE 仕様可能(オプション)
カラー ブラック

Lenovo L490を確認する

待望のLTE対応がメインシリーズに

これまでは高級シリーズのみ対応だったLTE対応。

それが、メインシリーズでも搭載できるようになりました。

ThinkPadの主力製品

L490はThinkPadの、メインシリーズに当てはまります。

ほかのメーカーを見ても、この値段でLTE対応機種はほとんどありません。

Lenovo L490を確認する

 

E14・E495・E490

安い!安い!

家だけで使う場合、これで十分な場合も。

Eシリーズは他の機種と比べて、重く厚い特徴があります。

しかし、ビックリするような安さでThinkPadを買うことができます。

  • 高級機種と同じテストをクリア
  • 第10世代のCPU搭載可能
機種名 E14 E495 E490
価格 6~11万円 4~9万円 6~10万円
本体サイズ 325×232×17.9(mm) 329×242×21.9(mm) 329×242×21.9(mm)
画面サイズ 14インチ 14インチ 14インチ
重さ 1.73kg~ 1.75kg~ 1.75kg~
CPU Core i7 第10世代 Ryzen7 第3世代 Core i7 第8世代
メモリ 16GB(最大) 32GB(最大) 32GB(最大)
ストレージ SSD 1TB搭載可能 SSD 1TB搭載可能 SSD 1TB搭載可能
LTE 非対応 非対応 非対応
カラー ブラック ブラック ブラック

安くても耐久テストは高次元でクリア

安い分、壊れやすいの?

と、心配になるかもしれませんが、ご安心を。

ThinkPadはすべてのシリーズで、同じ耐久テストが行われています。

安いからといいて、水濡れに弱くなるなどという事はありません。

本体が厚いだけに、高スペックも可能

逆にメリットも。

安い分「厚く・ごつく」なってしまう本体ですが、その分内部に空間が多くなります。

空間が多くなるぶん、スペックを高性能にすることが可能。

持ち運びやすい高級シリーズでは、メモリが最大16GBなどですが、E490は最大32GBまで搭載することができます。

まとめ

ここまで、ThinkPadの14インチの機種を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ThinkPadはとても機種が多いため、この記事を参考にして、自分に合ったお気に入りの機種を見つけていただければと思います。

まだ迷っているという方は、ぜひThinkPadおすすめ人気ランキング6選も参考にしてみてください。

コメント

  1. […] 詳しくは「【最新】ThinkPad(14インチ)の全11機種決定版!あなたに合うのはどれ?」をご覧ください。 […]