読書は続けることが大切!読書習慣が付く5つのコツとは?

その他
  • 普段の生活の中に、読書習慣を入れたいなー

こんな悩み、持っていませんか?

 

困ったことやわからないこと、これから新しく始めようとするとこ。

 

本にはあなたがまだ経験していないことが、たくさん書かれています。

 

多くの本を読むには、読書習慣を付けることが大切です。

 

今回は、そんな読書について紹介していきます。

この記事を参考にすると、無理なく本を読めるようになりますよ。

読書を習慣化するには、無理をしないことが大切

新しいことにチャレンジするなら、その分野の本を読むことが上達の近道です。

 

しかし、読書習慣がない人がいきなり読書をしようとしても、続かない場合がほとんど。

 

無理に本を読もうとしても、頭に入らずに時間の無駄に。

 

将軍
将軍

しかし読書は誰でも習慣にすることが可能です。

習慣化にはコツがあるので、今回は5つ紹介したいと思います。

 

結論!習慣化のためのコツ

  1. 一度にたくさん読まない
  2. 読書を特別だと思わない
  3. あえてお金をかける
  4. 一回で理解しようとしない
  5. とりあえず一冊読み切る

読書習慣をつけるための5つのコツとは?

1度にたくさん読まない

読書をするときは、少なくても構いません。

 

将軍
将軍

1ページでもOK。

 

大事なのは毎日続けること。

 

まずは量よりも、継続することを心がけて。

 

毎日一ページ以上読む!と決めて、継続してみましょう。

(これはスモールステップという、心理学を応用しています。)

特別だと思わない

あなた
あなた

さぁ、読書しよう!

あなたの心:『コーヒーとクッキーが必要かな?

あなたの心:『座りやすいソファーも欲しいな

 

こんな風に考えていませんか?

 

読書を特別だと思うと、行動に移るハードルが上がってしまいます。

読書を特別に扱ってはいけません。

呼吸するように、当たり前に本を読み始めることが大切です。

ある程度のお金をかける

人は損することを嫌がります。

なので、本をまとめて買うことで『読まなければ損する』という気持ちになります。

1回で理解しようとしない

本を読んでいると、よくわからないところが出てきます。

その場合は、迷わず飛ばしましょう。

 

まだあなたには必要のない箇所だったり、もっと上達したら理解できるところです。

 

それに、『本を書いた筆者が伝えたいことが、すべてあなたに必要なわけではありません。』

 

必要になったときに、もう一度読み返しましょう。

とりあえず1冊読みきる

読書が苦手な方は、少し頑張って1冊読み切りましょう。

 

読み切ると本に対する苦手意識が低くなります。

将軍
将軍

それに、達成感も!

とりあえず1冊最後まで読み切ってみましょう。

読書習慣を忘れないためのコツとは?

ここまで読書習慣をつけるコツを紹介しましたが、ついつい忘れてしまう場合もありますよね。

 

そんなときは、普段行っている習慣と一緒に行うようにしましょう。

 

例)朝→歯磨き後+読書

  夜→布団に入る+読書

 

 

このように、あなたが毎日する行動後に読書をするようにしましょう。

 

このすでにある習慣にプラスする方法は昔から使われています。

 

習慣化の研究で、特に効果的だった方法です。

 

気になる方はこちらの本を参考にしてみてください。

読書習慣 まとめ

今回は読書を習慣化するための考え方について紹介してみました。

これから自分のやりたいことにチャレンジするなら、その分野の本をたくさん読む必要があります。

そんなときに、上手に読書を習慣化することができれば、失敗も少なくなります。

ぜひ試してみてください。

コメント