スポンサーリンク

グッとしました!【レビュー】石巻市の追分温泉:日帰り入浴ブログ

おでかけ

(このサイトは2020年4月26日に更新されています。)

宮城県石巻市の山の中にある『追分温泉』

今回は日帰り入浴に行ってきました。

追分温泉は建物全体から木のぬくもりが感じられ、まるで昭和の時代に行ったかのようなとても懐かしい雰囲気のある温泉でした。

自然の中でとてもゆっくりとした時間を過ごすことができ、リラックスした気分になれます。

そんなとても雰囲気の良い【峠の湯 追分温泉】のレビューブログです(^^♪

スポンサーリンク

追分温泉ブログ①アクセス

追分温泉は宮城県石巻市の山の中にあります。

グーグルで見てみるとわかりますが結構な山の中で、さすが『峠(とうげ)の湯追分温泉』と言うだけありますね。

石巻市にある追分温泉ですが、今回は登米市側から追分温泉に行くことになりました。

追分温泉は石巻市と登米市のほぼ境にあります。

途中、道の駅『つやま』に寄り道をしてから追分温泉に向かいました。

追分温泉には『道の駅つやま』から国道45号線を北(南三陸町方面)に2km進んだところを右折して山道に入っていきます。

国道45号線を約2km進むと右折の看板が出てきますのでそこを右折します。

 

曲がってから少し行くとまた右側に看板がありますのでそこを右折します。

ここを曲がると道幅が一気に狭くなります。

途中、あまりの山奥で道を間違えたか不安になりましたが、一本道だったので看板を信じてひたすら進んでいきます(#^^#)

道はとても細く曲がりくねっていますので特に雪が降っているときは注意が必要ですね。

道の上のカードレールの場所からわかるように、かなりの急カーブが続きます。

安全運転でスピードの出し過ぎには気を付けましょう。

山道をひたすら進んでいくと『追分温泉』に到着です。

建物が自然に溶け込んでいてとても雰囲気があります。

入り口には趣味のクラシックカーが並んでいました。

スポンサーリンク

追分温泉ブログ②料金と時間

日帰り入浴の料金

追分温泉の日帰り入浴の料金は下のようになっていました。

  • 大人 300円
  • 子供 150円  (3歳から小学生まで)
  • 幼児 無料    (2歳以下)

宿泊もできます。宿泊希望の方はこちらをどうぞ↓

楽天トラベル

宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」

じゃらんnet

日帰り入浴の可能な時間

追分温泉の日帰り入浴可能な時間

●午前10時から午後7時まで

この時間内でしたら何度でも入浴できるようです。

今回は昼間行ったので夜の追分温泉もとても気になります。

スポンサーリンク

追分温泉ブログ③施設内

入り口を入ってすぐにカウンターがありますので料金を支払います。

入り口を入るときは猫や虫が入ってくるので必ず締めましょう!
書いたのは女将さんでしょうか。
手書きなのがまた癒されますね(^^♪
料金を支払ったら廊下を進んでいきます。
廊下も昔ながらの作りで木のぬくもりが感じられとても落ち着く雰囲気です。
廊下の途中でこちらも趣味なのでしょう。
ギターがたくさん飾られていました。
他にもこんなゲーム機も(^^♪懐かしく感じる方も多いと思います。
廊下を進んでいくと休憩室があります。
部屋の中央にはとても大きいカヤの木がありました。
私が行った時間はたまたま人がいなくてお風呂が貸し切り状態でした。
お風呂は二つあって奥が大きく、温度が高いお風呂のようです。
全体的に木で作られており天井もワラで作られて落ち着く雰囲気(^^♪
手前にあるのが少しぬるいお風呂でした。
帰り際に気づいたのですがこちらの小さいほうのお風呂はジェットが出るようです。脱衣所とお風呂の間にボタンがありました(#^.^#)
 
スポンサーリンク

追分温泉ブログ まとめと注意点

今回は宮城県石巻市にある『峠の湯 追分温泉』に行ってきました。

行ってみてとてもリラックスできましたが注意点もいくつかありましたので載せておきます。

  • 食堂などの食事をとるところはありません。
  • 日帰り入浴は浴衣などの貸し出しはありません。
  • 行く途中は道が狭いので安全運転で。
  • 冬は必ずスタッドレスタイヤで。
 
広間で持参したものを食べることができますので必要な方は持っていくといいと思います。
追分温泉は昔ながらの雰囲気と木のぬくもりが感じられて、また行きたいと思った温泉でした。
今度はできれば宿泊でおとずれたいですね(^^♪

楽天トラベル

宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」

じゃらんnet

近くを訪れた際はぜひ寄ってみてください☆

コメント