【M570tレビュー】M570tは心の琴線に触れる使い心地

おすすめ
  • ロジクールの「M570t」のレビューが知りたい。
  • 「M570t」と「M570」の違いは?

こんな悩みを解消します。

 

ロジクールから発売されている、「M570t」はトラックボールでポインタを操作します。

そのため普通のマウスに慣れた人は、買うのをためらってしまいますよね。

なので、実際に私が使っている「M570t」をレビュ―して、使い心地を紹介したいと思います。

記事の内容
  • ロジクールとは
  • M570tのレビュー
  • M570とM570tの違い

ロジクールの「M570」・「M570t」とは!?

ロジクール社とは?

ロジクール社は、イギリスに本社があります。

おもにパソコン周辺機器を販売しており、規模はとても大きい会社です。

そのため、保証期間内に会社がなくなるという心配などはあまりしなくてよさそうです。

M570とM570tの違い

ロジクール社ではトラックボールという、普通のマウスとはちょっと違うマウスを販売しています。

アマゾンなどを見ると、

  1. M570
  2. M570t
  3. M570 並行輸入版

などの種類があります。

 

見た目はどれも同じで、ぱっと見て区別することは難しいです。

しかしこの3種類は、保障面で期間が違います。

詳しくはこちら

将軍
将軍

マウスは故障が多いので、保証期間はできるだけ長いほうが、安心です。

ロジクールのM570tをレビュー

机が広くなる

通常はマウス本体を移動させて、ポインタを動かします。

しかしM570tはトラックボールと呼ばれる、ボールを回すだけでポインタを移動させることが可能です。

操作はマウスを動かす必要がありません。

マウスを置くスペースだけあれば十分なのです。

親指だけでポインタを操作

M570tの一番の特徴である「トラックボール」。

マウスを操作するときは手首を動かすことなく、すべての操作をすることができます。

将軍
将軍

長時間作業しても、手首が疲れることがありません。

長い移動もラク!

ポインタを画面の端から、反対側まで移動させるときも「M570t」は便利です。

普通のマウスなら、何度も手首を動かす必要があります。

私の場合、ディスプレイを縦にして使っているので、なおさら必要です。

しかし「M570t」なら、親指でトラックボールをはじくだけです。

よく使う機能をボタンに

M570tは左・右クリックをあわせて、5つのボタンがあります。

画像引用元:Amazon

設定によりこのボタンを、よく使う機能変更することが可能です。

そのため、マウスのボタン一つでコピーや貼り付けをすることもできます。

設定については、【ロジクール】M570tは設定しないと使いにくい⁉その理由は⁉で紹介してます。

M570tの保障について

「M570t」と「M570」は保証期間が違う

機 種 名 保 証 期 間
M570 1 年
M570t 3 年
M570 並行輸入 な し

M570tは「M570」の新しいモデルです。

 

見た目や中身はあまり変わっていませんが、保証期間が3倍になりました。

万が一の故障の時は、ロジクールに連絡するのですが、レビューを見るとあまり日本語が通じないようです。

 

将軍
将軍

外国のメーカーなので、割り切りましょう。

電話で話すよりも、メールの方が細かい内容を理解してくれるみたいです。

動きが鈍いのは、汚れが原因の場合も

トラックボールが汚れてくると、ポインタの動きが鈍くなってきます。

そのため、定期的な掃除が必要です。

そんな時に便利なのが「エアーダスター」。

細かいホコリやごみを、エアーで飛ばしてくれます。

M570t レビュー まとめ

M570tを使い始めたときは、違和感がありました。

しかしきちんと設定して、慣れてくるとこれがとてもラクなんです。

机も広く使えますし、手首の疲れがなくなりました。

将軍
将軍

ぜひおすすめです。

コメント