アフィリエイトの提携審査で落ちたら確認するべき6つのリストを紹介

アフィリエイト
     
   

アフィリエイトの提携審査で落ちてしまった…。これからどうすればいいのかな?

こんな疑問ありませんか?

アフィリエイトでは提携審査がある案件がありますが、審査に落ちてもまた受けることができます。

しかしそのままの内容で再度受けても落ちるので、今回紹介する確認リストで自分のサイトを見直してみましょう。

少しの変更であっさりと審査を通過する場合もあるので、ぜひ試してみましょう。

それでは紹介していきたいと思います!

アフィリエイトの提携審査に落ちたら

アフィリエイトの提携申請で落ちたら、下のリストを確認してみましょう。

リストを確認してサイトの内容を変更し、再度申請することであっさり受かることがあります。

  • サイトの信頼性は?
  • 記事数は足りているか?
  • 文字数は少なくないか?
  • 年齢制限に違反していないか?
  • 禁止コンテンツは入っていないか?
  • マイナスになりそうな記事はないか?

以上の事項を確認してみましょう。

また、提携の可否は企業のその場の判断になるので景気や世論のニーズにも影響されます。

確認する事項について詳しく紹介していきたいと思います!

【確認リスト】アフィリエイトの提携審査に落ちたら

信頼性

記事の信頼を高めるには、サイトポリシーなどを設置などが重要です。

どんな人が書いているかわからないサイトを信頼するのは、難しいですよね。

記事数

記事数にもよりますが、アフィリエイトの提携審査で落ちたら記事数を増やしてみましょう。

企業側が参考にする情報が少なすぎて、審査にNGを出している可能性があります。

しかし記事数が30以上ある場合は、数ではなく記事自体に問題がある場合が多いのでその場合はリライトなどを試しましょう。

文字数

記事数が多くても、1記事あたりの文字数が少ない場合は提携審査に落ちる可能性があります。

例えば300文字程度の記事では、内容が少なすぎです。

最低でも1000文字は必要!

Google検索で上位表示されている記事を見ると、ほとんどが2000文字以上です。

年齢制限

ASPによっては提携審査を受けるのに、年齢制限を設けているところがあります。

その場合は年齢をごまかしたりせずに、諦めましょう。

嘘で年齢を入力すると、後からトラブルの原因になります。

禁止事項

提携する時に詳細欄を見ると、禁止事項が書かれています。

その禁止事項にあなたのサイトが違反していないか、確認しましょう。

よくあるのがドメインの文字に、企業を連想させるような文字が入っている場合などです。

嘘や過剰な表現

提携審査に受かるために過剰に商品を褒めたり、過剰な表現を使っていませんか?

『絶対に治ります』『かならず痩せます』などは、薬機法にも違反する可能性があるので注意しましょう。

マイナスになりそうな記事

その他提携する企業に、マイナスになりそうな記事がないか確認しましょう。

どうしていいかわからない方は、「企業の立場になって」自分のサイトを読み返しましょう。

そうすると、審査に落ちた理由が見えてくる場合があります。

アフィリエイトの提携審査について まとめ

今回はアフィリエイトの提携審査で落ちた時の対策について、紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

アフィリエイトの提携審査は、落ちてもまた受けることができます。

そのため何が悪くて落ちたのかを考えれば、すんなりと受かる場合も。

そのためのリストを今回紹介させていただきました。

  • サイトの信頼性は?
  • 記事数は足りているか?
  • 文字数は少なくないか?
  • 年齢制限に違反していないか?
  • 禁止コンテンツは入っていないか?
  • マイナスになりそうな記事はないか?

これで提携審査についての紹介を終わります。

ここまで読んでいただきありがとうございます!

     

コメント