今売れている!ThinkPad-E495の構成別に検証してみた

ノートPC(ThinkPad・ThinkBook・ideapad)
  • ThinkPadのE495が安いってホント?
  • どんな構成のパターンがあるの?

こんな悩み、持っていませんか?

 

ThinkPad-E495がとても安く買えると、ネットで読んだので事実を確かめるために実際に3つのスペックで比較してみました。

公式サイトで安い構成だと約3万円で買うことができるE495。

今回は、そんなThinkPad E495について紹介していきます。

この記事を参考にすると、E495の価格を色々なスペックで簡単に比較することができます。

この記事の内容
  • ThinkPad E495の特徴
  • E495を3つの構成(スペック)で比較

E495の詳細

ThinkPad E495の特徴

Eシリーズ

ThinkPadは6つのシリーズに分かれています。 薄さや重さの違い、拡張性の違いはありますが、見た目はほとんど変わりません。 E495はEシリーズに含まれます。 Eシリーズは価格重視のシリーズで、とにかく安いのが特徴。

性能が低いの? と、思われるかもしれませんが、ThinkPadはCTO(受注生産)で作られるので、性能(スペック)は自由に変更することができます。

14インチ

ThinkPad E495のディスプレイは、14インチのみです。 14インチは縦が17.42cm、横が30.94cmというサイズ。 2画面でも作業でき、持ち歩けるサイズという事で結構人気があるサイズです。

もっと大きいサイズが欲しいという方は、E595(15.6インチ)という機種があります。

AMD製のAPU(CPU)

パソコンの頭脳であるCPU。 その世界シェアがNo2のAMDという会社で作られたCPUです。 (AMD製のCPUはAPUと呼ばれます。)

AMDは性能が高くても、値段を安く抑えられる特徴があります。

ThinkPad E495を色々な構成で比較

比較の条件

  1. 値段に差が出るのでオフィスはすべて「なし」
  2. HDDは読み書きが遅いので、すべてSSDに統一
  3. 急速充電に対応していないので、バッテリーは「45W」に統一。

 

安さ重視

ThinkPad E495
Microsoft オフィス なし
メモリ 4GB
APU(CPU) AMD Ryzen 3 3200U プロセッサー (2.60GHz, 4MB)
ストレージ SSD 128GB
キーボード 日本語
電源アダプター 45W

ネットや文章作成などであれば、これくらいのスペックで十分作業することができます。

この構成で価格は、4万円で少しおつりがくるくらい。

値段はその日のクーポンによって違うので、買うタイミングでご確認を。

バランス重視

ThinkPad E495
Microsoft オフィス なし
メモリ 8GB
APU(CPU) AMD Ryzen 5 3500U プロセッサー (2.10GHz, 4MB)
ストレージ SSD 256GB
キーボード 日本語
電源アダプター 45W

このくらいのスペックがあれば、ほとんどの作業をすることができます。

以上の構成で、約5~6万円です。

性能重視

ThinkPad E495
Microsoft オフィス なし
メモリ 16GB
APU(CPU) AMD Ryzen 7 3700U プロセッサー (2.30GHz, 4MB)
ストレージ SSD 512GB
キーボード 日本語
電源アダプター 45W

動画編集も問題なくできるのでは?

と思えるスペックの構成です。

これだけの構成でも約10万円で買うことができました。

 まとめ

今回はThinkPad E495について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

比較してみた結果、噂のようにかなりお得に買える機種でした。

ほかの機種よりは少し重くなってしまいます(約1.75kg)が、常に持ち歩かない方であれば、とてもお得ではないでしょうか。

  • 家の中で使いたい
  • サブとして使う
  • 子供用として
  • 親にプレゼント

以上の用途だったら、ピッタリの機種です。

 

ThinkPad E495を買うなら、Lenovo公式サイトが最安値です。

家電などはAmazonや楽天が安いイメージがありますが、ThinkPadは受注生産のため公式サイトで買うのが一番です。

楽天などではThinkPadのスペックを変更することができず、値段も高いことが多いです。

E495の詳細

Lenovoのメルマガに登録すれば、お得なクーポンが定期的に送られてきます。

※登録は2分で終わります。

コメント