タフまるでキャンプ始めませんか?

おすすめ

キャンプ用のカセットコンロが欲しいんだけど。タフまるってどうなの?コンパクトなタフまるJrのほうが良いのかな?

こんな疑問ありませんか?

結論ですが、屋外で使うカセットコンロは

「タフまるが絶対に良い!!!」

と、実際に使ってみて思ったので、この記事で紹介したいと思います。

苦労して屋外で料理をするのはもうやめましょう!

この記事の内容

  • タフまるが屋外で超便利
  • タフまるとタフまるJrの違い
  • タフまるを安く買う方法

この記事を読むことでタフまるがキャンプで大活躍するイメージを持ってもらえると思います。

それではタフまるを実際に使ってみて、便利だった点を紹介したいと思います。

タフまる一台でキャンプやピクニックが便利に

キャンプでタフまるがあると、本当に便利です。

作れる料理の幅が広がり、いつでも火を使うことができます。

タフまるはお湯を沸かすだけではなく大きな鍋も使えるので、キャンプですき焼きなども簡単に作ることが可能。

そこで今回は色々あるカセットコンロの中でタフまるを選んだわけですが、「壊れてもまたタフまるを買おう」と思うくらい良いカセットコンロだったので紹介したいと思います。

タフまるを買ってよかったと心から思うポイント

【ポイント①】風に強い

タフまるの一番の特徴が「風に強い」という点です。

キャンプやピクニックなどカセットコンロを屋外で使う場合、一番の問題は「風」です。

風が吹くと普通のカセットコンロでは火がなびいてしまい、うまく熱が伝わりません。

カセットコンロ用の風よけもあります。

しかし、

  1. 荷物が増えるのが嫌
  2. 風よけが倒れるおそれもあるよね

というデメリットも。

タフまるの場合は火の回りに、2重に風よけがついています。

岩谷産業より引用

さらにガスを出す穴が小さく、勢いがあります。

これらの特徴があるのでタフまるはカセットコンロ単体で風に強いのです。

テントがザワザワするくらいの風でも、無風と同じ感覚で使うことができる!

【ポイント②】ガスの消費量が少ない

以前は一般的な普通のガスコロンを使っていましたが、タフまるを使うようになってからガズの消費量がとても少なくなりました。

理由はやはり風に強いからです。

普通のカセットコンロを使うと、風が吹いたとき火がうまく鍋に当たらないので火力を強くする必要があります。

しかしタフまるなら風が吹いていても炎が安定しているので、火力を強くする必要がありません。

結果的にガスの消費量が減る!

「専用のガスコンロをご使用ください」となっていますが、私の場合は市販の安いボンベを使っています。

【ポイント③】専用の箱がついている

タフまるには専用の箱がついてます。

この箱あると上にものを置けたり、縦で荷造りできるので本当に便利です。

キャンプに行くときはコールマンの台車を使うのですが、以前はカセットコンロが壊れないように一番上においていました。

しかし一番上に置くと不安定だし、テントに汚れが付く場合も。

これは仕方ないかなーと思っていました。

しかしケースに入ったタフまるなら、上に荷物をつめます。

縦に荷造りすることも。私の場合は台車に写真のように縦で置いています。

キャンプでタフまるを使うときの台にもなるので、実際に使ってみて本当に便利だなと感動しました。

【ポイント④】荷物が増えない

さらに炭でフライパンなどを使うと、外側が真っ黒になるりますよね。

でわざわざバーベキュー用の鍋やフライパンを用意すると、費用と荷物が増えてしまいます。

タフまるで焼きそばを作り、肉は炭で焼く。

これでわざわざ炭用のフライパンを買う必要もありませんし、鍋やヤカンは普段使っているものを使うことができます。

キャンプにかけるお金を安くできるだけでなく、荷物も減らせるのでタフまるが一台あるととても助かります。

【どっちが良い?】タフまるとタフまるJr.を比較

タフまるを買うときに迷うのが、兄弟分のタフまるJr.です。

同じ岩谷産業から発売されていて、「持ち運ぶなら小さい方が便利そう」と思いますよね。

私も最初はタフまるJr.を買おうとしましたが、タフまると比べてみて色々デメリットがありました。

そこでタフまるJr.ではなく、タフまるをなぜ選んだのかを詳しく紹介したいと思います。

【タフまるJr.】そこまでコンパクトではない

タフまるとタフまるJr.のサイズを表にしてみました。

幅(mm)奥行き(mm)高さ(mm)
タフまる341283129
タフまるJr281192.5122

サイズを小さくしすぎると鍋が不安定になるなどの理由だと思いますが…。

jr(ジュニア)と言ってもそこまで小さくはありません。

本体は必ずボンベ以上の厚さは必要なので、本体の高さに関してはほとんど同じです。

重さも

重さ(kg)
タフまる2.4
タフまるJr1.6

と、800gの違いになります。

さらに小さいタフまるJr.はもっと大きい難点があるので、次で紹介したいと思います。

【タフまるJr.】火力が弱い

どのくらいの火力があるのかは「kcal(キロカロリー)」という単位で、表されます。

この数が大きいほど火力が強く、早くお湯を沸かすことできます。

火力が強いとガスの多くのガスを消費するのでは?

と思うかもしれませんが火力が強いぶん使用時間が短くなるので、ガスの消費量は同じなのです。

タフまるとタフまるJr.の火力は下の表のようになっています。

最大発熱量
タフまる3.3kw(2,800kcal/h)
タフまるJr2.3kw(2,000kcal/h)

このようにタフまるとタフまるJr.では1.4倍の差があります。

大きさが底まで変わらずに、火力が弱いタフまるjr(ジュニア)はここで選択肢が消えました。

タフまるはキャンプに行くときの必需品

色々なカセットコンロがあり、どれを選んだら良いか迷いました。しかしタフまるを選んで本当に良かったと思います。

大きめの鍋を上におけば、雨でも使うことができますし。

ガスの消費も少ないので荷物も減りました。

またピクニックなどでもケースに入っているので、公園でピクニックをしながらカップラーメンを食べれる嬉しさもあります。

外で食べるカップラーメンは、つい笑顔になるほど美味しいですよね。

ぜひ皆さんもカセットコンロで悩んでいるなら、タフまるがおすすめです。

タフまるはホームセンターでも買えますが、ネットよりも値段が高額でした。

私が買った時は楽天が一番安かったですね。

2日で届きました。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

タフまるについてもっとここが知りたいよ!と思った方は、コメント欄からご連絡いただければお答えしたいと思います。

コメント